【2017】サッカニーのスニーカー10選!メンズ人気急上昇中のランニングシューズ【JAZZ】

やぁ、スニーカーをこよなく愛するメンズ諸君。
今日も愛しのスニーカーをコーデに取り入れているかい?
今日はそんなスニーカー愛好家たちの為に、最高にクラシカルスポーティーなスニーカーブランドを紹介してあげようと思う。
アメリカ最古ランニング専門のスニーカーブランドだ。
紹介しよう、その名も

Saucony(サッカニー)だ。

サッカニー1898年に創業したアメリカ最古のランニング専門ブランドとされており、今もなおランニングシューズの分野においては品質と技術に優れた高級ブランドという評価を得ているブランドなんだ。
事実、1976年に発売したHornet(ホーネット)、1980年に発売したJazz(ジャズ)という2つのモデルは「CONSUMER REPORT MAGAZINE」誌において「BEST QUALITY」と評されたり、「ランナーズ・ワールド」というアメリカの雑誌で最高評価である5つ星を獲得したりしたこともあるんだぜ?

そんなサッカニーのスニーカーなんだけど、数年前までは5000円前後で売られていたにも関わらず、近年のスニーカーブームも後押しし、サッカニー人気がありえへんくらい高まり、2倍近く値段が高騰しているんだ。現状は1万円~1万5千円という価格で市場に流通しているが、もしかしたらこの先も高騰する可能性があるので、是非早いうちにサッカニーのスニーカーを一足は手に入れて頂きたいところだ。

ということで今日はそんなサッカニーの代表的なモデルたちを軽く紹介したあと、今ストリートでサッカニーを履くメンズたちから人気の高いモデルのランキングを発表しよう。
是非とも購入の参考にして頂きたい。

代表モデル

JAZZ(ジャズ)

言わずもがな、サッカニーの中で最も定番最も人気の高いモデルがJAZZ(ジャズ)だ。
1980年代のランニングシーンでサッカニーの名を知らしめるきっかけとなったモデルでもある。

ソールに立体的なトライアングルのパターンが施されており、この形状がサッカニーのスニーカーが「ピストンのような動き」と表現される動きを生み出す所以なのだ。

ちなみに現在サッカニー以外のブランドのランニングシューズの凹凸は、このトライアングルパターンがルーツになっているとも言われているゾ。

DXN TRAINER

1972年ミュンヘンオリンピックの銅メダリスト「ロッド・ディクソン」の名前が由来のモデル、それがDXN TRAINERだ。
サッカニーのサポートを受けていたロッド・ディクソンは、開発当時も何度もサッカニーの工場を訪れては自分自身で試作品を試し履きをするほどサッカニーのランニングシューズの熱狂的ファンだったんだとか。

そんな世界を代表するランナーの名を冠するDXN TRAINER最大の特徴は、走った際に足への負担を左右する踵とつま先の高低差の設計、そしてソールの素材であるEVAの絶妙な堅さへのこだわりだ。カジュアルシーンはもちろん、ランナーたちにも試してもらいたいモデルだ。

SHADOW(シャドウ)

JAZZでサッカニーの名を世界に知らしめ、その地位をさらに確固たるものにしたとされるモデルSHADOW(シャドウ)だ。

安定性を重視するランナーたちのニーズに応える形で、ヒールカップを搭載したモデル「SHADOW 5000」が誕生。その後に開発されたSHADOW 6000はさらなる進化を遂げ、VIP SYSTEM(VIRTICAL IONIC PILLEARS)をミッドソールに採用することで安定性のみならず、快適性・履き心地を圧倒的に高めたのだ。

人気ランキング

※本ランキングはAmazon・楽天・ヤフーショッピングの売上を参考にして作成しております。

1位:Originals/Bullet/Red

・80年代初頭に登場したのがランニングモデルJAZZ
 →トライアングル状のラバーを配置
 →ピストン運動のように働き、前身を促すアウトソール
・レトロでベーシックなデザイン
・チャコールのアッパーとレッドのヒールがシックで上品な印象

2位:JAZZ/ORIGINAL/ブラック

・サッカニー2016秋冬モデル
・サッカニーの定番のJAZZ
・ナイロンとスエードを組み合わせたアッパー
・EVAミッドソールを採用
・トライアングルパターンのラバーアウトソールを採用
・ブラックとホワイトのベーシックなカラーリング

3位:JAZZ/LOW PRO/ブラック

・サッカニーの定番モデルで男性女性ともに人気の高いJAZZシリーズ
・ロープロファイル(薄底化)したバージョン
・ブラック×ホワイトのベーシックなカラーリング
・どんなファッションにも合わせやすい一足

4位:JAZZ/ORIGINAL/LIGHT TAN

・1985年リリース以来ロングセールを誇るSHADOW ORIGINAL(シャドウオリジナル)
・安定性を高めたヒール部が、80年代のハイテクスニーカーを象徴
・定番モデルJAZZと同様に、トライアングル状のラバーを配置
・ピストン運動のように働き、前身を促すアウトソールも装備
・モノトーンのボトムスとも合わせやすいライトタンとネイビーカラーを採用

5位:Jazz/Low Pro/Vegan

・通常のJAZZとは違い薄底が最大の特徴
ナイロン製のキャンバス生地はよりカジュアルシーンに適したデザイン
・レトロな雰囲気漂うダークグリーンカラーを採用
・靴底はトライアングル状のラバーを配置
・ピストン運動のように働き、前進を促すアウトソールを装備

6位:Originals/Jazz/Low Pro/ブラック

・アッパーはブラックとグレーのスタイリッシュな配色
・シュータンのロゴとミッドソール、ヒールパッチのレッドカラーがクールなアクセントに
・トライアングルパターンのソールを採用

7位:JAZZ/LOW PRO/ブルー

・人目を惹く鮮やかなライトブルーカラーを採用
・アッパーサイドとヒールパッチにはアクセントとなるイエローを採用
・モノトーンはもちろん、トーンの明るいボトムスとも相性抜群
・ロープロファイル(薄底化)したバージョン

8位:DXN/Trainer/ネイビー

・1983年に軽さと履き心地を追求するハイエンドランナー向けのシューズとしてリリース
・ロッド・ディクソンのトレーニングシューズとして使用されており、名称のDXNはDIXONの名から由来
・ネイビーのアッパーに、はき口のグリーンのラインがポイント

9位:JAZZ/LOW PRO/RED

・定番モデルJAZZ(ジャズ)のレッドカラーモデル
・シュータンとヒールパッチがブラックで切り替えられておりオシャレ
・サッカニーのアイコニックな波形ラインはメタリックなシルバーを採用
・ロープロファイル(薄底化)したバージョン
・トライアングルパターンのヒール

10位:SHADOW/ORIGINAL/ブルー

・ストリートシーンに向けリリースされているライフスタイルカテゴリーのオリジナルスシリーズ
・1985年リリース以来ロングセールを誇るSHADOW ORIGINAL(シャドウオリジナル)
・安定性を高めたヒール部が、80年代のハイテクスニーカーを象徴
・ブルーとレッドの配色がレトロな印象

 

以上がメンズから人気の高いサッカニーのスニーカーたちだ。
是非ともアメリカのランナーたちの足元をささえ続けたサッカニーを身にまとい、ストリートに繰り出して頂きたい。
以上だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です