ガリ必見!1ヵ月で20キロの増量に成功した僕が太り方を伝授しよう。

近年、健康という話題においては何かと「ダイエット」だの「減量」だのと、体重を減らすことばかりがフィーチャーされている。

しかし、世の中には「痩せていること」をコンプレックスに思う人もいるのだ。

かくいう僕も、生まれつき太りづらい体質で、大学生の頃は178㎝55キロ

自称ダルシムであった。

むしろヨガフレイムも使えないし手足も伸びないからダルシムに失礼かもしれない。

何もできないダルシム

といった方が適切だろう。

話はそれたが、僕は大学を卒業し、社会人になり、1年目の夏。

社会人になってから細いことが気になりだし、元々太りづらい体質だったが、何とかして体重を増やすことを決意。

インターネットで体重の増やし方やトレーニング法を散々ググり散らかし、2ちゃんねるのウェイト板にも入りびたり、1ヵ月で20キロの増量をすることに成功したのだ。

その時の方法をシェアしたいと思う。

食事を分散する

よく、健常者がガリに対して「もっと飯を食え」などとアドバイスをしたりする。

しかし、これは本当に無責任なアドバイスだと思う。

ガリは飯を食っても太らないからガリなのであって、食べる量を増やすことは全く解決策にはならない

ガリは、健常者に比べて栄養の吸収量が極端に弱いのだ。

例えば、健常者が飯を食って60%を排泄し40%を吸収するとしたら、ガリ80%排泄し20%しか吸収できないのだ。

1度の食事量を増やしても排泄量が増えるだけだ。

なので、ガリ達は1度の食事量を増やすのではなく、1日の食事回数を増やすことを意識しよう。

満腹になる量を1日3回食べるのではなく、腹7分目くらいの食事量で1日4回食事をとる。

これが最も基本的なガリの食事戦略だ。

1回の量を増やすのではなく、回数を増やすのだ。

いいな?

ウェイトゲイナー

ガリは、何を置いても炭水化物を摂取するのが最重要課題だ。

炭水化物と言えば、白米やらパスタやら色々あるが、やはりこれらの食品の食べる量を増やすというのはなかなかガリにはハードルが高い。

そこで、最も効率的に炭水化物を摂取できる健康食品としてオススメしたいのが

ウェイトゲイナーだ。

ウェイトゲイナーとは、プロテインと似たような健康食品だが、通常のプロテイン(タンパク質)に炭水化物を大量に加えた食品である。

これならば、水を加えてシェイクして簡単に流し込める。

簡単だろう?

プロテインを飲んでもタンパク質ばかり摂取してガリに重要や炭水化物を摂取できないので、必ずウェイトゲイナーを選択しよう。

ウェイトゲイナーこそが、ガリが体重を増やすために一番重要なアイテムになるので、これだけは必ず買ってくれ。

ちなみにウェイトゲイナーも、プロテインのように色々なメーカーが多様な商品を出しているが、僕が最もオススメするのは外国産の、チャンピオン(Champion)の3.2kg入りヘビーウェイトゲイナー(チョコレート風味)だ。

僕としては、国内メーカーのウェイトゲイナーは値段が高いのであまりオススメできない。

ガリはこのウェイトゲイナーをほぼ毎日飲むことになるので、お金もばかにならない。

Championのウェイトゲイナーは僕が知る限り一番コストパフォーマンスが良いのでオススメだ。(ただし死ぬほど甘い。)

ウェイトゲイナーは朝起きてからと夜筋トレ後に1回飲もう。

関連記事:ガリ必見!体重の増量におすすめのウェイトゲイナーランキング

胃腸薬

ガリの胃腸は基本的に栄養吸収機能が弱いことは既に述べた。

それならば、多少でも胃腸の機能を改善したいところだ。

そこでオススメしたいのが胃腸薬だ。

胃腸薬は、胃腸を整え、消化を促進する効果がある。

さらに、ウェイトゲイナーを飲んだりして、今までよりもハードな食生活を送ることになるので吐き気を催したりすることもあるかもしれない。

そういうときにも胃腸薬が有効だ。

ちなみに僕はコスパのいい強力わかもとを愛用していた。

強力わかもとを、ウェイトゲイナーと一緒に流し込もう。

筋トレ

食事回数を増やし、胃腸薬とウェイトゲイナーを飲めばそれなりに体重を増やすことができる。

しかし、これだけでは健康的に体重を増やすということにはならない。

単純に見栄えの悪いデブになる可能性がある。

筋トレはエネルギーを消費する行為なので、体重を増やす為の方法論ではないのだが、見栄えよく体重を増やしたいのであれば筋トレは同時並行でやるのが理想的だ。

どんな筋トレでもいいが、僕はあまり自重トレはオススメしない。

自重トレとは、ダンベルやバーベルなどの重さのある器具を使わず、自分の体重を負荷にして筋トレを行うこと。腕立て伏せなどがそうだ。

自重トレは変化を全く実感できないので長続きしないからだ。

特にガリの場合は。

いっそのことダンベルくらいは買ってトレーニングしよう。

お金をかけた分継続しようとする心理が働くかもしれない。

僕は自重で腕立てや腹筋をやっても今まで1週間くらいしか続かなかったが

これらの器具を揃えてからはなんと3年も続いている。

お金をかけたくない気持ちは分かるが、ガリはちょっとやそっとじゃ自分の体型なんて変えられないということを自覚しよう。

関連記事:メンズ必見!筋トレに関する3つの誤解を解こう

最後に

胃下垂の人や、胃腸の弱い人は今までどれだけ食べても太れず、自分の体型をコンプレックスに感じていたかもしれない。

それはもう体質なので、これからも今までと同じ食生活を続けていても、太ることは出来ないだろう。

今までの食生活を変えなければ何も変えられない。

現状を打破しよう。

僕の方法を実践すれば、100%全員が必ず太れるとは言わないが、多くの人が変化を実感できるだろう。

是非ともお試し頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です