香水の頂上決定戦!メンズ人気ランキングベスト30!【2018】

やぁメンズ諸君。

ところでメンズ諸君は女性からモテる上で何が一番大事な要素か知ってるかい?

ファッション?身長?髪型?

確かにどれも重要だが”最重要”ではない。

「やっぱり顔か・・・。」

と思ったメンズ諸君。

もちろん顔は重要だ、それは否定しない。

だが女が顔しか見ていないと思っているならそれは非常に浅はかな考えだ。

「男性は視覚(目)で、女性は嗅覚(鼻)で恋をする生き物」という言葉を聞いたことがないかい?

そう、実は「匂い」次第ではイケメンたちに逆転することが出来るんだ。

まずは下のアンケートを見ていただきたい。


見た目は好みだけどにおいがくさい」男性と「見た目は好みではないけどいいにおい」の男性のどちらを選ぶか尋ねてみると、前者が18.8%だったのに対し、後者が81.2%と、圧倒的に「いいにおい」を選ぶ人が多かった。
引用:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110826/113701/

つまり、合コンで1人の女の子を汗臭いイケメンと取り合いになったとき、仮にキミたちがスウィートな良い香りをまとっていれば勝てる確率が高くなるということだ。

このように女性というのはメンズ諸君が思っている以上に男のニオイに敏感なんだ。

「匂い」を攻略することこそが恋愛を攻略することに繋がる、そう言っても過言ではないだろう。

というわけで本記事では、香水の正しい選び方と、女ウケのする香水やメンズたちから人気の高い香水などをランキング形式で紹介させていただこう。

是非とも参考にして欲しい。

香水の選び方

香水を購入する前に、まずは正しい香水の選び方を知っておいて欲しい。

キツ過ぎる香水はNG

たまにエレベーターに香りが残るほどキツい香水をつけている人がいないかい?

あれ、本当にNGだから気を付けて欲しい。

女性は男性から漂う香りが好きなのは間違いないが、それは「ほんのり香る」というレベルの話だ。

香水のニオイがキツ過ぎると逆に何もつけていないメンズより悪い印象を与えてしまう可能性がある。

つまり女性からの印象を順位付けするなら

ほんのり良い香りのメンズ>無臭のメンズ>キツい香りのメンズ

こうなるだろう。

何事もほどほどが一番ということだ。

クリームタイプがおすすめ

香水と言えば液体の香水が定番だが、最近では体に塗るクリームタイプの香水もじわじわと人気が出てきている。

クリームタイプのいいところは持続力が高いという点にある。

液体の香水って汗をかけば落ちてしまうし、何より液体だから蒸発しやすい。

逆にクリームタイプだと汗をかいても落ちにくいし蒸発しづらいから香りが持続しやすいのだ。

だから液体の香水のように「香りがすぐ落ちるからなるべく沢山つけておこう」なんてことをしてしまいかえってニオイがきつすぎる、なんていうヘマを犯さずに済むのだ。

なるべく香りを持続させたい人はクリームタイプも検討してみよう。

香水ランキング

1位:ボディセンス

当サイトが最もオススメしたい香水がボディセンスだ。

通常、ファッションブランドが販売する香水というのはそのシーズンごとのファッションの世界観を調香師が反映させて作られている。

だから中には独特過ぎる香りなんかもあったりして、人によっては良い香りだと思う人もいれば「トイレの芳香剤みたいだ」なんてことを言う人もいたりするわけだ。

しかしながらこのボディセンスは最初から「女性ウケ」だけを考えて作られているのだ。

それこそ美容の女性専門家100人が集まって出店された商品を厳しく審査する「美の祭典」では、93%の女性が「いい匂い」「魅力的」だと回答しているのだ。

女性ウケだけを狙うメンズならボディセンス以上の香水はないだろう。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★★★
・スパイシー:★★☆☆☆
・「女ウケ」を最も重視して作られたフェロモン香水
・「美の祭典」で美容の女性専門家の93%が”魅力的な匂い”と回答
・女性の野性的な感覚に強くアピールする「センスフィノール」配合

2位:NULL/パヒュームクリーム

続いてもクリームタイプの香水がエントリー、その名もNULLのパヒュームクリームだ。

パヒュームクリームはとにかく「自然な香り」というところにフォーカスして作られた香水で、香水の選び方のところでも説明をしたが、香水に大事なのは強すぎる香りではなくほのかな香りなのだ。

他の香水にもキツ過ぎない自然な香りの香水というのはあるが、そういう香水はたいてい香りの持続力が弱い。

しかしパヒュームクリームのすごいところは自然な香りなのにも関わらずクリームタイプだから持続力が高いという点にある。

「自然な香りの香水が欲しい」「それでいて持続力の高い香水が欲しい」

そんなワガママなメンズたちの願いをかなえてくれるのがパヒュームクリームだ。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:レモン/シダーリーフ/ユーカリ
・ミドル:ジャスミン/ミュゲ/ローズ
・ラスト:ムスク/サンダル/アンバー
・Amazon(練り香水欲しい物部門)で1位獲得
・液体の香水に比べて持続力が3倍(8~10時間)
・持続力が高いのに匂いはキツ過ぎず自然な香り

3位:ブルガリ/プールオムエクストレーム

男性からも女性からも高い支持を得ている香水がブルガリプールオムエクストレームだ。

プールオムエクストレームの素晴らしい点は何と言ってもクセがなく万人ウケする香りだという点にある。

石鹸のようにサッパリとした香りが特徴で、爽やか系の香りの代名詞と言っても過言ではない。

女性からも男性からもウケの良い香水が欲しいメンズはプールオムエクストレームをチョイスしよう。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:グレープフルーツ/ダージリンティ
・ミドル:ペチバー/パラグアイ産グァヤックウッド
・ラスト:ムスク

 

・Amazon「香水」カテゴリ ベストセラー1位
・プールオムの後継モデルということで口コミを中心に人気爆発
・調香師ジャック・キャバリエが調香
・万人ウケする香水が欲しいという人はコレ買っておけば間違いない
・従来のプールオムよりも少し爽やかさを強調

4位:ブルガリ/プールオム

もはや説明不要なくらい定番中の定番で、いつの時代も高い支持を得ている香水がブルガリプールオムだ。

ブルガリプールオムもやはり男女問わず高い人気を誇る香水で、爽やかさの中にそこはかとない上品さを感じる逸品。

この香りが嫌いだという人は少ないので万人ウケする香水を探している人にはもってこいだが、分かる人には「ブルガリプールオムつけてるな」と余裕で分かってしまうのが難点か。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:シトラス/ダージリンティ
・ミドル:ペッパー/ローズウッド/グァヤックウッド
・ラスト:ムスク

 

・1995年販売開始以来、あらゆる香水ランキングで高確率でトップ3には入る程の圧倒的人気を誇る
・2010年年間楽天コスメ大賞
・『サムライELO』 2014年12月号 ベストメンズコスメ グランプリ
・柑橘系のフレッシュな香り

5位:アランドロン/サムライ

爽やか系香水の代名詞と言っても過言ではない夏の定番がアランドロンサムライだ。

そもそも香水の香りを大きく3種類に分けるなら「甘い系」「スパイス系」「爽やか系」になるが、この3種類の中でも男子がつけていて特に女子ウケが高いのは爽やか系の香りだ。

そんな女子ウケの高い爽やか系の香りの中でトップの人気を誇るんだから、サムライの偉大さは言うまでもないだろう。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★★☆
・スパイシー:★★★★★
 
【香りの変化】
・トップ:ジャスミン/ローズ/ヘスペデリック
・ミドル:レッドペッパー/タラゴン/シダーウッド
・ラスト:サンダルウッド/ベチパー/バニラ/ムスク

 

・フランスの俳優アラン・ドロンがプロデュースした香水
・爽やかなイメージを喚起させるパッケージだが、どちらかと言えば爽やかさは控えめ
 →比較的バニラの甘い香りとシダーウッドのエキゾチックな香りが際立つ印象
・清涼感、爽やかさを重視したければサムライ・ライトの方をチョイスしよう

6位:ブルガリ/ブルー プールオム

知的でミステリアスな雰囲気を演出したいならブルガリのブループールオムがもってこいだ。

ブループールオムはどちらかと言えば爽やか系の香水かもしれないが、爽やか一辺倒ではないところが最大のポイント。

爽やかさの中にそこはかとないフルーティーな甘美さを感じさせてくれるから、クールな大人の男を演じたい日にはぴったりなんだ。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ジンジャー/カルダモン
・ミドル:タバコブラッサム/ジュニパー
・ラスト:チーク/サンダルウッド/シダーウッド

 

・ギリシャ神話のオデュッセウスをイメージした香水
・付け始めはスパイスの効いたタバコの葉の香りが強め
・ミドル以降に香る、サンダルウッドの爽やかで少し甘みがある香りが人気

7位:カルバンクライン/CK エタニティフォーメン

男性用の香水だが女性の愛用者も多い香水の定番がカルバンクラインのエタニティフォーメンだ。

エタニティフォーメンは香りの変化を楽しみたいメンズにオススメの香水で、トップはみずみずしさを感じるフレッシュな香りだが、1日が終わるころには落ち着きや安らぎを感じさせるウッディな香りへと変化を遂げるのだ。

単調ではつまらない、常に変化を求めていたい・・・そんな刺激的な人生を生きるメンズにオススメの香水だ。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:マンダリン/ラベンダー/緑色植物
・ミドル:ジャスミン/バジル/ゼラニウム/セージ
・ラスト:サンダルウッド/ヴェルティヴェール

 

・1988年に発売開始、翌年FiFi賞を受賞
・人気香水界の長老と言っても過言ではないほどのロングセラー商品
・トップからミドルにかけてラベンダー、ジャスミンのフローラル系の甘さが際立つ
・終盤はサンダルウッドの落ち着きのある甘さを放つ

8位:シャネル/エゴイスト プラチナム

ガクトが飲むほど愛用している香水がシャネルエゴイストプラチナムだ。(もちろんみんなは飲んじゃダメだぞ)

トップはやや柑橘系のジューシーな香りが目立つが、ラストにはとにかくセクシーさを感じる甘美な匂いへと変化を遂げる。

昼間は嫌みのない爽やか系男子を演出でき、夜になるころにはセクシーな男へと変身できるから夜に一勝負仕掛けたいというメンズにはもってこいの香水だ。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★☆☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:プラム/レモン/コリアンダー
・ミドル:タラゴン/カーネーション/シナモン
・ラスト:パチュリ/サンダルウッド/ムスク

 

・世界三大巨頭の調香師の一人、シャネル専属のジャック・ポルジュが手掛けた名作
・2000年の発売以来メンズ人気香水界をけん引してきた香水
・付けはじめのトップはレモンの爽やかさと少しスパイスが効いた香り
・ミドルからラストにかけてはシナモン、ムスク系の甘美な香り

9位:ブルガリ/ブルガリブラック

バニラのように上品で甘くて程よくスパイスが効いているセクシーな香水がブルガリブラックだ。

単に甘い香水だと女々しくなってしまい男がつける香水としては微妙になってしまう。

さらにスパイスが効いてる香水ってどうしても東欧系の外国人がつけてるような香りになりがちで、日本人女性の評価もそれなりに分かれる傾向にある。

しかしブルガリブラックの場合はそういう「甘さ」と「スパイス」を微妙なバランスで保っているから日本人女性にとってウケの良いセクシーな香りに仕上がっているのだ。

ただしブルガリブラックは一歩間違えれば「チャラい」と感じさせてしまう香りでもあるので付けすぎには注意だ。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★★☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ブラックティー/ローズウッド/ベルガモット
・ミドル:シダー/オークモス/バニラ
・ラスト:アンバー/サンダルウッド/ムスク

 

・フランス・カンヌ出身で、世界屈指の嗅覚の持ち主である女性調香師アニック・メナルドが出がけた香水
・インテリアとしても活躍するほどオシャレなボトルデザイン
・夜に勝負を仕掛ける男たちの強力な武器として君臨するメンズセクシー香水界の盟主
・トップは若干苦みが混ざったような甘い香り
・ラストはアンバーの濃厚でどしっと重みのある甘い香りを放つ

10位:シャネル/ブルー ドゥ シャネル

遊び心を持ち合わせた大人の男を演出したいならブルードゥシャネルは強力な味方になってくれるだろう。

ブルードゥシャネルは「自由を生きる男」という明確なテーマを掲げており、敷かれたレールをはみ出して生きる起業家やバンドマンなんかにはぴったりの香水だ。

セクシーさ一辺倒ではなく爽やかさも感じるので香りに嫌みがないのが特徴だ。

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★★★☆
 
【香りの変化】
・トップ:レモン/オレンジ/グレープフルーツ/ピンクペッパー/ペパーミント/ナツメグ
・ミドル:シダー/ドライノート/ベチバー/ジンジャー/ジャスミン
・ラスト:パチョリ/フランキンセンス/サンダルウッド/ラブダナム

 

・2010年に発売された、シャネルとしては11年ぶりのメンズ向けフレグランス
・トップからミドルにかけてはこれでもかというくらい柑橘系の爽やかな甘い香り
・後半はウッディーで大人の落ち着きを感じるスパイスの効いた香り
11位~30位を確認する!

11位:AYP/ライオンハート

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ベルガモット/カルダモン/マリンノート
・ミドル:シダー/サンダルウッド
・ラスト:アンバー/ムスク

 

・こってり甘いレディース香水のエンジェルハートのユニセックスラインがライオンハート
・序盤は若干カルダモンのスパイスが効きつつも、全体としては爽やかで甘さが強調された香り
・後半は深みのあるアンバーとムスクの甘い香りを放つ

12位:クリニーク/ハッピーフォーメン

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★☆☆☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ユズ/マンダリン/ライム/フルーツノート
・ミドル:グリーンノート
・ラスト:シダー/アンバー/サイプレス/グァヤックウッド

 

・アメリカ大手化粧品ブランド、クリニークが放つメンズ向けフレグランス
・全体としては少しスパイスの効いた爽やかなフルーツ系の香り
・メンズ向け香水なのに、びっくりするくらい女性も愛用している香水
 →つまり間違いなく女子ウケは良い

13位:アラミス/アラミス オーデトワレ

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★☆☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★★★☆
 
【香りの変化】
・トップ:ベルガモット、ガーデニア
・ミドル:ジャスミン、アイリス、パチュリ
・ラスト:レザー、オークモス、アンバー

 

・アメリカ最大のメンズ化粧品ブランド、ラボシリーズでお馴染み「アラミス」が手掛けるフレグランス
・メンズフレグランス界の長老
・序盤は、少し酸味を感じる柑橘系のフレッシュな香り
・終盤は官能的でセクシーなオークモスのスパイシーな香り

14位:ジバンシー/アンサンセ ウルトラマリン

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★★
・セクシー:★☆☆☆☆
・スパイシー:★☆☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ベルガモット/ウォーターフルーツ/ガルバナム/シクラメン
・ミドル:ミント/ローズ/カルダモン/マダガスカルクローブ/セージ
・ラスト:セダー/オークモス/ベチバー/タバコ

 

・爽やか系香水、夏に付けたい香水系のランキングでは常に上位にランクインする香水
・序盤から中盤はベルガモットをはじめとした透明感バツグンの爽やかな香り
・終盤はベチバーをはじめとした、深みのあるウッディーな香りを放つ

15位:プラウドメン/オードトワレ グルーミング・シトラス

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップノート:レモン/マンダリン/ミント
・ミドルノート:プチグレン/カルダモン
・ラスト:キャラメル/ムスク

 

・柔軟剤でお馴染みレノアが送る「プラウドメン」シリーズのフレグランス
・僕がここ数年ずっとスタメンとして愛用しているのがこのプラウドメンシリーズ
・全体としてはシトラス系で、甘みのある爽やかな香り

16位:&GINO/プレミアムパヒュームストーリア

香り
【香りの系統】
・甘い:★☆☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:オレンジ/レモン/グリーンティ
・ミドル:ジャスミン/イラニュラン/ミュゲ(スズラン)
・ラスト:ウッディ/アンバー/ムスク

 

・楽天であらゆる部門のランキング1位を総なめしている新進気鋭のメンズコスメブランド&GINOが送るフレグランス
・実際に10代~30代の女性たちを沢山集めて香りの品評会を開き、100種類以上の試作品の中から最も女子たちから高い評価を受けた香りこそがこのプレミアムパヒュームストーリアの香り
 →女子たちが選んだので、もはや「女子ウケ」を疑う余地すらない香水
・フルーツ系の爽やかさとフローラルな甘い香りを兼ね揃えている

17位:ラルフローレン/サファリ フォーメン

香り
【香りの系統】
・甘い:★☆☆☆☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★★☆
・スパイシー:★★★★☆
 
【香りの変化】
・トップ:ベルガモット/ユーカリプス
・ミドル:シダー/バジル/シナモン/タイム/ラベンダー/ゼラニウム
・ラスト:サンダルウッド/パチョリ/オークモス/レザー/ベチバー

 

・1992年発売の翌年、FIFI賞の全米メンズ・フレグランス部門を制覇
・全体としてはウッディーな深みのあるスパイスの効いた香り
・序盤少しだけベルガモットのフルーティーな香り
・中盤意向はシダーやサンダルウッド等の落ち着いたセクシーな大人の香り

18位:ダビドフ/クールウォーター

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ラベンダー/ローズマリー/ミント/コリアンダー/オレンジ
・ミドル:ブロッサム/ジャスミン/ゲラニウム
・ラスト:サンダルウッド/モス/アンバーグリス/ムスク

 

・1988年の発売当時、欧米のフレグランス界の寵児として爆発的ヒットを記録した香水
・以降、世界の爽やか系香水代表として安定した人気を誇る
・全体を通してフレッシュな香りが印象的
・序盤は柑橘系の爽やかな甘さが目立ち、中盤はややフローラルな香り
・後半はムスクやサンダルウッド等のスパイスの効いた爽快感へと変化

19位:ブルガリ/ブルガリ プールオム ソワール

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★☆☆
・セクシー:★★★★☆
・スパイシー:★☆☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ダージリンティー/ベルガモット
・ミドル:パピルスウッド
・ラスト:アンバー/ムスク

 

・世界2大香料メーカー「フィルメニッヒ社」の天才調香師ジャック・キャバリエが手掛けた香水
・全体を通して深みのあるスパイシーな香り
・序盤はにわかに甘みのある香りがあるが、基本はウッディー
・終盤はアンバーのスパイスに加え、ムスクの香りが混ざったセクシーな香りへと変化

20位:ケンゾー/ローパケンゾー プールオム

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★☆☆☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ユズ/ホオノキの葉
・ミドル:ロータスリーフ/アクアミント
・ラスト:グリーンペッパー/ホワイトムスク

 

・デザイナー高田賢三が創設したファッションブランド「KENZO」が手掛けるフレグランス
・香りは箱のデザインから連想されるイメージ通り爽やかさをひたすら前面に押し出した香り
・香りのスパイス的要素はほとんど感じられず、終始アクアミントのフレッシュな香りが目立つ印象

21位:シャネル/アリュール オム スポーツ

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★★
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
※香りの変化の区分けをしていない香水
・マンダリン/オレンジ/ネロリ/アルデハイド/トンカビーンズ/シダー/ベチバー/ウッディノート/ペッパー

 

・シャネルの新しい試みとして香りの区分けをしていないフレグランス
・マンダリンとオレンジの爽快感のある柑橘系の甘さが印象的
・シャネルNo.5でも用いられているベチバーがスモーキーな香りをプラス

22位:サムライ/アクアマリン

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★★★
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★☆☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:マンダリン/ライチフラワー
・ミドル:マリンノート/ウォーターリリー/ホワイトメロン
・ラスト:ムスク/アップルブロッサム

 

・フランスの映画俳優の名を冠するアランドロンが放つアンカーがデザインされたフレグランス
・スパイス的な要素はほぼゼロ、全体を通して爽快感の強いフレッシュな香りが印象的
・序盤はマンダリンとライチフラワーのフレッシュな甘さのある香り
・中盤以降は一気に爽やかさが強調されたマリンノート
・終盤はセクシーの代名詞であるムスクが加わり男の色気をプラス

23位:アバクロンビー&フィッチ/アバクロンビー&フィッチ フィアース

香り
【香りの系統】
・甘い:★★☆☆☆
・爽やか:★★★☆☆
・セクシー:★★★★☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:パイナップルリーフ/バジル/ベルガモット/マンダリン/エレミ/ペアー
・ミドル:カルダモン/ラベンダー/セージ
・ラスト:イリス/ホワイトアンバー/ムスク/ドリフトウッド

 

・アバクロの店員がこぞってつけていたと言われているフィアース
・ラルフローレンやクリニークの香水を手掛けた世界的人気調香師クリストフ・ロドニエルの調香した香水
・序盤はパイナップルやベルガモットをはじめとした柑橘系のフレッシュな香りが印象的
・中盤はカルダモンの上品なスパイスが加わり、後半はムスクでセクシーな男を演出

24位:フェラーリ/ライトエッセンス ブライト オードトワレ

香り

【香りの系統】

・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:レモン/ブラックカラント/ジューシーペア
・ミドル:グリーンティ/ピーチヴェルベット/サンドレンチドブロッサム
・ラスト:ソーラームスク/サンダルウッド/エンジュアコード

 

・夏の爽やか系香水の代名詞にまで上り詰めたフェラーリライトエッセンスのニュータイプ
・ライトエッセンス同様、序盤から柑橘系のフレッシュな香りが印象的
・後半はサンダルウッドのエキゾチックで深い甘みを放ちフィニッシュ

25位:ラルフローレン/ポロスポーツ

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★★☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:タンジェリン/レモン/ベルガモット
・ミドル:ジンジャー/オレンジの花/ローズウッド
・ラスト:オークモス/ムスク/ヴェチヴェル/海藻

 

・アメリカントラディショナルの代名詞ラルフローレンが放つ伝統の香りポロスポーツ
・夏場の海に似合うフルーティーフレッシュな香り
・序盤は比較的柑橘系の爽やかな甘み一辺倒だが、中盤はジンジャーのピリっとしたスパイスが加わる
・終盤は深みのあるウッディ系オークモスとセクシーさを醸し出すムスクでフィニッシュ

26位:ジバンシー/パイ

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★★☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:バジル
・ミドル:ナインニードル
・ラスト:アンフィニウム

 

・バニラ系香水の代名詞であるジバンシーがメンズに送るパイ
・柑橘系、ハーブ、ウッデー、バニラの香りが次々と楽しめるといううたい文句だが、基本は最初から最後まで甘い
・最初だけキツ過ぎないすっきりとしたスパイシーな香りを放ち、あとは最後まで上品な甘さが続く

27位:ライジングウェーブ/ライジングウェーブ フリー ライトブルー

香り
【香りの系統】
・甘い:★☆☆☆☆
・爽やか:★★★★★
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:レモン/ローズ/オレンジオイル
・ミドル:フレンチローズ/スズラン/ジャスミン
・ラスト:シダーウッド/サンダルウッド/ムスク

 

・2005年の販売開始以来、日本では爆発的な人気を誇り、賞という賞を根こそぎ奪い去った伝説の香水
・2010~2013年、2016年「日本フレグランス大賞」グランプリ
・2013年~2015年「Samurai ELO」ベスト香水部門 グランプリ
・2016年「FINEBOYS」 上半期ベスト香水部門 グランプリ
・最初から最後まで柑橘系のフレッシュな香りが印象的
・終盤はウッディな深みのあるスパイスが香りフィニッシュ

28位:グッチ/ギルティブラックプールオム

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★☆☆☆
・セクシー:★★★★☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:グリーンコリアンダー/ラベンダー
・ミドル:オレンジフラワー/ネロリ
・ラスト:パチョリ/シダーウッド

 

・ラッシュの印象しかなかったグッチが2013年に放った自信作ギルティブラックシリーズ
・序盤はグリーンコリアンダーとラベンダーのフローラルな香り
・中盤は少し柑橘系の甘さとフローラルの香りが混ざったような優しい香り
・終盤はシダーウッドの深みのあるスパイスでフィニッシュ

29位:ルチアーノ ソプラーニ/ウォモ

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★★★
・セクシー:★★★☆☆
・スパイシー:★★☆☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:ベルガモット/カラブリア産レモン/パイナップル/アップル/ナツメグ/ホワイトペッパー/シナモン/クローブ
・ミドル:ラベンダー/ジャスミン/オレンジブロッサム/リリー/バイオレット
・ラスト:アトラスシダー/エボニー/ベチバー/アンバー/ムスク

 

・イタリアのデザイナーブランド、リチアーノ・ソプラーニが送るフレグランス
・イタリア・セリエAの伝説ロベルト・バッジオをイメージキャラクターに採用
・序盤は、レモン・アップル・パイナップルでこれでもかと柑橘系の爽やかさ・フレッシュ感を主張
・中盤はジャスミンやオレンジフラワーをはじめとしたフローラル系の上品な香りに
・最後はセクシー系の代名詞アンバーとムスクがセクシーさを演出

30位:ジャンヌ・アルテス/CO2 プールオム

香り
【香りの系統】
・甘い:★★★☆☆
・爽やか:★★★☆☆
・セクシー:★★☆☆☆
・スパイシー:★★★☆☆
 
【香りの変化】
・トップ:レモン/ラベンダー/マリーン
・ミドル:ジャスミン/オレンジウッド
・ラスト:アンバー/ムスク

 

・香水発祥の地である南フランスのグラースで誕生したジャンヌ・アルテスの自信作
・序盤はラベンダーやジャスミン等のフローラルな香りが印象的
・中盤以降はウッディな香りの印象が強く、最後はムスクの官能的な香りでフィニッシュ
 

以上がメンズたちから人気の高い香水たちだ。
是非とも参考にして頂き、日々のモテ活に生かして欲しいと思う。
それでは検討を祈る。

1 個のコメント

  • […] ンズファッション系のWebサイトで男性用香水の人気ランキングを調べてみました。https://4men.jp/perfume-ranking2 トップ1・2と4位はブルガリの「プールオム」のシリーズ。「ダージリンティーと […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    one × five =