やあメンズ諸君、今日もファッションを楽しんでいるかな?

今回は「Coleman(コールマン)」というブランドの

リュック・バックパックを紹介しようと思うんだが、

流行の最先端を知り尽くす4men読者たちはすでに知っているだろうか?

フォーレンジャー

もちろん知らなかったしてもまったく恥ずかしくないぞ。

そんなメンズはこの記事をぜひ参考にしてくれ!

 

Coleman(コールマン)とは?

「Coleman(以後「コールマン」)は、アメリカ発祥のキャンプ用品製造・販売会社だ。

創業は1901年。1世紀以上も続く、海外では老舗でメジャーなブランドである。

テントやタープ、ランタン、寝袋などの豊富なアウトドア用品を主に展開しており、

1976年には日本法人である「コールマンジャパン」を設立し、

日本向けに設計・カスタマイズされた商品も取り扱うようになった。

ゆうに100年超の歴史を持ち、長年の経験と技術に裏打ちされたクオリティにより

未だ不動の人気を誇るアウトドアブランドなのだ。

フォーレンジャー

キャンプの好きなメンズなら

おそらく一度は目にしたことがあるだろう。

 

そのラインナップの中にリュック・バックパックがあり、

アウトドアスタイルのファッションを好むメンズたちが

こぞって愛用しているのである。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)、Patagonia(パタゴニア)、

Columbia(コロンビア)などはストリートでも着られるウェアを展開しており

アパレルブランドとしても有名だが、

キャンプ用品に特化したコールマンのリュックを選ぶメンズは「通」だろうな。

コールマンのリュックが人気な理由

コールマンのリュック・バックパックには以下のような特徴がある。

  • アウトドア用品の製造で培った機能性
  • ユニセックスかつシーンを問わないデザイン
  • リーズナブルな価格

    アウトドア用品の製造で培った機能性

    1世紀以上にもわたるアウトドア用品の開発・製造と数えきれないほどの改良を重ね、

    創業から100年間以上かけて培ったノウハウが、

    コールマンのリュックには惜しみなく詰め込まれているのだ。

     

    デザイン性を重視するあまり機能性を捨てざるを得なくなるということは、

    アパレルシーンにおいても往々にしてある。

    しかし、そもそも「荷物を運ぶ」ことを目的に持つリュックにおいては、

    便利に使えることも重要なポイントの一つだ。

    フォーレンジャー

    たとえおしゃれでも、便利でなければ意味がない。

    不便なリュックを普段使いするのはツライよな…。

     

    ユニセックスかつシーンを問わないデザイン

    コールマンのリュックは、主張しすぎないシンプルなデザインが特徴だ。

    今回はメンズ向けの記事だが、実際は性別関係なく使うことができる

    もちろん年齢も不問

    キッズや学生、社会人、ミドル層、つまり「全年齢」が対象だということだ!

    フォーレンジャー

    コールマンのリュックは日本では隠れた逸品だ。

    わかる人にはわかる価値というのは、男を上げるぞ!

     

    また、シンプルなデザインゆえに、

    アウトドア用品でありながら普段使いにも適している。

    ちなみにシンプルながら個性的なカラーリングのアイテムも多いので、

    ブラック以外のカラー展開もチェックしておくことをおすすめする。

    ※今回は比較しやすいようにブラックの画像を使用しています。詳細はリンク先をご覧ください。

     

    本来のアウトドアスタイルはもちろん、服装を問わず馴染むデザインなので

    どこへ行くときも相棒として持ち運べる気軽さが嬉しい。

    父の日や友人の誕生日にプレゼントするのもよいだろう!

    フォーレンジャー

    もし贈り物にするなら、「コールマンは100年以上続く

    老舗キャンプ良品ブランドのリュック」だということを

    ぜひ紹介してほしい!

    さらに喜ばれること請け合いだ。

     

    リーズナブルな価格

    アウトドアブランドのアイテムは丈夫で長く使えることもあり、

    高価格帯であることが多い。

    学生や新社会人にとっては手を出しにくいこともあるだろう。

    しかし、コールマンのリュックは他のアウトドアブランドと比べて

    リーズナブルであることも嬉しい特徴の一つだ。

    機能性やデザイン性を兼ね備えつつ手に入れやすいことから、

    複数のリュックを買って気分で使い分けるファンもいるほどだ。

     

    そこで今回は、知る人ぞ知るコールマンのリュック・バックパックから

    10製品の人気モデルを紹介していく!

    ※本ランキングはAmazon・楽天・ヤフーショッピングの売上を参考にして作成しております。

    1位:OFF THE GREEN MISSION 28

    今回1位から実は7位までを占める「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」シリーズは、「ビジネスとアウトドアの融合」という面白いコンセプトだ。ちなみに「28」という数字は容量(リットル)を示しており、他のモデルも同様なので覚えておくといい。
    もちろんビジネスやアウトドアに限らず、タウンユースとして普段使いもできるデザインだ。

    今回の「MISSON 28」は2020年新モデルだ。背面(背中が面する側)に仕切りがあり、B4サイズまでのノートパソコンや書類などを収納できる。本体は270度のオープンシステムによってメイン収納部を全開にできるため、荷物を詰め込みやすい。ビジネル利用では1泊2日程度の出張に最適だろう。

    チェックポイント

    • 背面のコンパートメントにノートパソコンを収納可能
    • メイン収納部はかぶせ部分が280度まで開口するため荷物を詰め込みやすい
    • 3種類のカラー展開

    2位:OFF THE GREEN 21

    本商品も2020年新モデルである。メイン収納部が大きく開口できる点がポイントだ。また、ポケットの数が今回紹介するリュックの中では最多。細々したアイテムもすぐに取り出せるよう分かりやすく収納できる。

    チェックポイント

    • メイン収納部はかぶせ部分が大きく開口し荷物を詰め込みやすい
    • 今回のアイテムではポケットが最多で収納力に優れる
    •  4種類のカラー展開ブラック/ホワイトは個性的だぞ!

    3位:OFF THE GREEN 12

    薄型の2wayスタイルが特徴。もしバッグの容量が必要になった場合に、収納部を拡張できるエキスパンダブル機能を搭載し、利便性も確保している。手提げとして持った場合も薄型なのでスタイリッシュに見えるだろう。

    チェックポイント

    • 薄型の2wayスタイル
    • エキスパンダブル機能によって容量の拡張が可能
    • 4種類のカラー展開ブラック以外はどれも個性的だ

    4位:OFF THE GREEN MISSON B4

    こちらは3way、リュック・ブリーフケース・ショルダーとして持ち分けられる仕様となっている。背面がキャリーケースの持ち手に通すことのできる構造になっているので、ビジネスシーンであれば出張で、プライベートであれば旅行で役立つことだろう。

    ポケットの数も豊富で、前面にファスナーポケット、側面にオープンポケットを搭載。メイン収納は2層構造で、前面はメッシュポケットが2つ、後面はホック留めオープンポケット、PCスリーブポケットと、申し分ない収納力だ。

    チェックポイント

    • リュックスタイル、ブリーフケーススタイル、ショルダースタイルと持ち分けられる3way
    • キャリーケースと接続できる仕様で遠出に便利
    • ポケットの数が豊富でノートパソコンの収納も可能
    • 4種類のカラー展開(ホワイトカジュアルに使いやすくおすすめだ!)

    5位:OFF THE GREEN ROLL TOP

    ロールトップ型を採用したモデル。このフォルムが好きなメンズも多いだろう。

    フォーレンジャー

    ロールトップ型とは、メイン収納の開口部分を

    巻くようにして開け閉めできるバッグのことだ。

    巻き加減によって容量を変えられる機能性と

    おしゃれさを併せ持ったリュックだな。

     

    これまでのリュックと比べてより多くの容量を確保しており、メイン収納部はA3サイズまで収納可能というから驚きだ。サイドにはペットボトルを収納できるポケットもあり、自転車で移動する際などにはありがたい。

    ロールトップ型はストリートでも人気のバッグなので、普段から荷物の多いメンズにとっては重宝するのではないだろうか。

    チェックポイント

    • デザイン性と機能性の両方を兼ね備えたロールトップ型モデル
    • メイン収納部はA3サイズまで収納が可能
    • 3種類のカラー展開(ディープオーシャンが特に個性的なカラーリングである)

    6位:OFF THE GREEN 30

    これまで紹介した「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」シリーズの中でも、屈指の大容量を誇るモデルである。やや硬めのクッションパッドを採用し、身体への負担を軽減。また、通気性に優れたメッシュ素材によって快適な背負い心地を実現しており、キッズやミドル層でも使うことができるぞ。

    背面のポケットはクッション入りで、ノートパソコンやタブレットを安全に持ち運ぶことができる。また、フロント部分のチェストベルトとウエストベルトを兼ね備え、ズレにくく体幹にしっかりとフィットしてくれる。

    チェックポイント

    • 「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」シリーズの中でも大容量(30L)のモデル
    • 快適な背負い心地と身体からズレにくい仕様で自転車やバイク移動でも安全
    • 3種類のカラー展開

    7位:OFF THE GREEN 25

    大きすぎず小さすぎない、普段使いにもぴったりのモデルだ。サイドポケットにはペットボトルや折り畳み傘を入れることができ、これまでの「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」シリーズ共通のパソコンポケットも完備。

    今回おすすめする「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」シリーズではもっとも安価な価格設定なので、コールマンやアウトドアアイテムの入門としても最適だろう。

    チェックポイント

    • 普段使いに優れたジャストサイズのモデル
    • ノートパソコンはもちろんペットボトルや折り畳み傘の収納も可能
    • 安価のため入門として最適
    • 3種類のカラー展開

    8位:WALKER 33

    ここからは「WALKER(ウォーカー)」シリーズを紹介したい。ビジネスより普段使いの利用を想定しているため、カラーバリエーションが豊富なところがポイントだ。モノトーン以外のバッグが欲しい場合はこのウォーカーシリーズから選ぶとよいだろう。

    普段使いを重視しつつ汎用性の高い33リットルという大容量が魅力的だ。背面はメッシュ仕様で通気性を保ち、夏場でも蒸れることが少ない。チェストストラップとウエストベルト、外側に配した4つのポケット、鍵を掛けられるフックやペンホルダー、B4ファイルまで収納できるサイズと、機能面もコールマンらしく決して抜かりがない。

    そして、カラーバリエーションはなんと14色!おしゃれなメンズには嬉しいラインナップだろう。

    チェックポイント

    • 日常での普段使いを想定したカジュアルな「WALKER(ウォーカー)」シリーズ
    • 33リットルの大容量
    • 「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」の優れた機能をすべて網羅
    • ファッショナブルな14種類のカラー展開

    9位:WALKER 25

    こちらは8位の「WALKER(ウォーカー)」を少し小さくしたモデルだ。それでも25リットルの容量を確保しているので、収納に不便を感じることはないだろう。サイズ的にはA4までが入るようになっている。

    本モデルが、今回紹介した10アイテムの中で最安価格である。アウトドアリュックでこの価格でいいのか?と疑ってしまうくらい安いので、「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」とあわせて持つのもおすすめだ。

    チェックポイント

    • 「WALKER(ウォーカー)」の25リットルモデル
    • 今回紹介したウォーカーのリュックでは最安であり2つ持ちもおすすめ
    • 14種類のカラー展開

    10位:SHIELD 35

    10位は、コールマンのリュックにおける3つ目のシリーズ、「SHIELD(シールド)」を紹介したい。アウトドアアイテムならではの耐久性と耐水性に優れたタフさが魅力で、部活動の道具を持ち運ぶ学生や、自転車通学・通勤時、また特殊な用途では「工具を持ち運ぶ」などハードなシーンで使用するメンズにも最適だ。長く愛用したいならぜひシールドをおすすめしたい。カラーリングも「OFF THE GREEN(オフ ザ グリーン)」より多く、選び甲斐があるな。

    近年人気のスクエア型を採用しており、容量も35リットルとかなりの収納力だ。ファスナーのかぶせは大きく開口することができ、メイン収納は他シリーズ同様パソコンも収納できる。あらゆるシーンでの実用に耐えうる機能美を追求したモデルである。

    チェックポイント

    • 耐久性と耐水性を重視した「SHIELD(シールド)」モデル
    • 35リットルの大容量(今回紹介するリュックでは最大)
    • 自転車で雨に濡れても安心なので通学や通勤に最適
    • 5種類のカラー展開

    最後に、コールマンのリュックを選ぶ際の容量を目安として紹介しておく。

    • 【20リットル前後】メンズだけでなくレディースにも似合う気軽なサイズ
    • 【25リットル程度】普段使いでは困ることのない収納力
    • 【33リットル程度】常にノートパソコンを持ち歩くメンズや遠出の際に便利
    フォーレンジャー

    もし悩んだらとりあえず25リットルを選べば

    少なくとも容量不足で困ることはないはずだ!

     

    以上!今回はコールマンのおすすめリュック・バックパックを10点紹介した。

    知る人ぞ知る人気ながら気軽に入手できるコールマンは今が狙い目だ。

    便利に使える上に、まわりのメンズと差をつけるリュック・バックパックとして、

    ぜひ1つは持ってほしいものである!

    おすすめの記事