【2017】パラブーツ10選!ミカエル・ランスなどメンズ人気の革靴を紹介!

やぁメンズ諸君。
今日もオシャレに精を出しているかい?

ところでユーたちは普段革靴は履いているかな?
革靴はいいぞ。
プレッピースタイルにもドレスカジュアルにも取り入れられるマルチプレイヤー
是非とも一足は持って置きたいアイテムの一つだ。

ということで今日はユーたちの為に、最高にクールなローファーのブランドを紹介しようと思う。
フランス発のシューズブランド、その名も

Paraboot(パラブーツ)だ。

パラブーツは1927年にフランスのヴォアロン地方で靴職人をしていたレミー・リシャール・ポンヴェールによって設立されたシューズブランドで、ブラジルのパラ港から輸入される原材料から名前をとってその名が付けられたんだとか。

パラブーツの特徴は何と言っても「製法」と「堅牢性」にある。
そんなパラブーツの特徴を、代表的なモデルたちを紹介しながら解説していこう。

モデル紹介

ミカエル

パラブーツのブランドの中で最もロングセラーアイテムのチロリアンシューズが「ミカエル」で、エルメスがパラブーツへ特注したのがミカエルの生産の始まりだ。

ミカエルで使用しているレザーは、通常の牛革に比べてオイル含有率が高く、さらに高い撥水性を有する。さらに、本来は登山靴に用いられる製法であるノルヴェイジャン・ウェルト製法を導入しており、ソールとアッパーをしっかりと縫い合わせているので水の浸入に対するガード力も圧倒的に高い。つまり、ミカエルは雨の日に履く靴として最良の選択と言えるだろう。

さらに履き心地も最高だ。ミカエルのインソールは通気性に優れている上に上質なコルクが敷き詰められているので、履けば履くほどに自分の足の形に馴染んでくるのだ。まさに自分だけの一足に仕上がるというわけだ。
それでいて、天然ゴムの厚めのソールは溝が深く、悪路でも靴が地面をしっかりつかんでくれるので疲労にもつながりづらい。
雨の日に強く、さらに履き心地も良いモデルがミカエルなんだ。

ランス

定番のチロリアンシューズであるミカエルのローファータイプ、それがReims(ランス)だ。
ランスのアッパーには「リス・レザー」を使用している。これは、オイル含有率が高く光沢があり、耐久・耐水性に優れているという特徴を持つ。それでいて雨に強く、頑丈で劣化が少ない特性を持ち、悪天候や気温差、その他あらゆる環境に適応できるというユーティリティーなレザーなんだ。

レザーの他にも、濡れた路面でも滑らずクッション性に優れ、擦り減りにくいオリジナルのラバーソールを採用しており、ミカエル同様雨の日にはしゃぎまわるのにはピッタリの一足なんだ。

シャンボード

パラブーツの中でも特にオイル含有率が高く光沢があるのがシャンボードだ。
シャンボードはUチップモデルを採用しており、その履き心地はオリジナルのクッション性に由来すると言っても過言ではい。
ソールには空気を溜めるフィンを裏側に持つソールと内側がハニカム製造のヒールが別々になったパラテックスソールを採用してるゾ。

コロー

デッキシューズの仕様をベースに仕上げられた、パラブーツの春夏には欠かせないオーセンティックなビーフロールデザインのローファーが「コロー」だ。

コローは、潜水艦の乗員が船内作業時に滑りにくく足音がたたないように工夫された「MARINE」ラバーソールを使用しているのが特徴。

アッパーには雨水や海水に濡れた後、太陽光等で急激に乾燥しても、ひび割れや変形を起しにくい強靭なヴォイルレザーを使用している。素足は勿論、ソックスと合わせて奇麗目のコーディネートにもピッタリのローファーだ。

プロトン

コバと太番手糸がアッパーを全周するノルヴェイジャン製法による非常に高い堅牢性と、「テックスラバーソール」が特徴のチャッカーブーツ、それが「プロトン」だ。

履き口からアッパー両脇へ流れるウェイブカッティングと、ハーフムーンステッチが足もとに優しさと品の良さをもたらしているゾ。

ウィリアム

もともとは、JHON LOBBのカジュアルコレクションモデルとして生産されていたのが「ウィリアム」だ。

ダブルモンクと言えばドレス感の強い印象があるが、ステッチワーク等でカジュアル感をミックスして非常にバランスが取れているのが特徴。ボリュームのある重厚なイメージながら、型押しのスコッチグレインのアッパーがエレガントな印象のモデル。

人気ランキング

それでは早速パラブーツの靴たちを、メンズから人気の高い順にランキング形式で紹介していこう。
是非とも参考にして欲しい。

※本ランキングはAmazon・楽天・ヤフーショッピングの売上を参考にして作成しております。

1位:ミカエル/チロリアンシューズ/マルーン

・MICHAELは、エルメスがPARABOOTへ特注したのが生産の始まり
・パラブーツのロングセラーシリーズのチロリアンシューズMICHAEL(ミカエル)
 →ブランド創始者の息子(現社長)の名前が由来
・通常の牛革に比べてオイル含有率を高めに製造
 →天然の撥水性を発揮
 →雨の日にも強い革靴
・ノルヴェイジャン・ウェルト製法を使用
 →ソールとアッパーをしっかりと縫い合わせて水の浸入をガード
 →本来は登山靴に用いられる製法
・インソールは通気性に優れた上質のコルクが敷き詰められている
 →履けば履くほどに自分の足の形に馴染む
・天然ゴムの厚めのソール
 →溝が深く、悪路でも地面をしっかりつかんで疲れを軽減
・すっきりとしたデザインはフォーマルからカジュアルスタイルまで幅広く活用
・タウンユースとしても履きやすい

2位:シャンボード/Uチップ/カフェ

・耐久・耐水性に優れたリス・レザーを使用したベストセラーのUチップモデル
 →パラブーツの中でもオイル含有率が高く光沢が強い
・フランスの自社工場にて一貫して製造
・高いクッション性が特徴
・空気を溜めるフィンを裏側に持つソールと内側がハニカム製造のヒールが別々になったパラテックスソールを採用
・非常に高い堅牢性をもつノルヴェイジャン製法
・天然皮革使用なのでレザーのもつ元々のキズや色むらが見られる場合あり
 →そういう製品なのでクレームは入れないように

3位:ミカエル/チロリアンシューズ/ノアール

・世にチロリアンシューズを普及させた歴史的名靴ミカエルシリーズ
・Chambord同様、オイル含有率が高く光沢のあるリス・レザーを使用
・ソールは現行最古のソールのマルシェIIソールを採用
・内部がハニカム構造なので衝撃吸収性に富み、耐久性&グリップ性も抜群
・非常に高い堅牢性をもつノルヴェイジャン製法
・シューレースを緩めると履き口が大きく開口する構造
 →厚手のソックスを履いた状態でも着脱が容易

4位:ランス/ローファー/ガーネット

・定番のチロリアンシューズミカエルのローファータイプ
・撥水性に富んだBLACHE-LISカーフを使用
・深いワイン系の美しい光沢があるガーネットカラーを採用
・濡れた路面でも滑らずクッション性に優れ、擦り減りにくいラバーソールを採用
 →カジュアル感をプラスするホワイトソールを採用
・非常に高い堅牢性をもつノルヴェイジャン製法を採用

5位:ランス/ローファー/ノアール

・チロリアンシューズミカエルのローファータイプ
・アッパーに耐久・耐水性に優れたリス・レザーを使用
 →オイル含有率が高く光沢あり
 →雨に強く、頑丈で劣化が少ない
 →悪天候や気温差に適応できる素材
・濡れた路面でも滑らずクッション性に優れて擦り減りにくいラバーソール採用
・高い堅牢性をもつノルヴェイジャン製法
・天然皮革使用なのでレザーのもつ元々のキズや色むらがある場合アリ
 →レザーの特性なのでクレーム入れないこと!

6位:ミカエル/チロリアンシューズ/ナイト

・濃厚なネイビー系の「NUIT(ナイト)」カラー
・「MORIZINE」に改良を加えて進化させたミカエルモデル
・靴の着脱がしやすいよう造形
 →靴紐を緩めるとそのまま履き口が大きく開くよう計算
・ミニマムで使いやすいタウンユースへリファイン
・オイルの含有率の高いカーフスキンをアッパーに採用
・肉厚で丈夫なクオリティ
・ソールはブランドオリジナルの「MARCHEII

7位:コロー/アメリカ/コインローファー/ダークブラウン

デッキシューズの仕様をベースに仕上げられたモデル
・春夏には欠かせないオーセンティックなビーフロールデザインのローファー
・アウトソールに「MARINE」ラバーソールを使用
 →潜水艦の乗員が船内作業時に滑りにくく、また足音もたたないよう設計
・アッパーは強靭なヴォイルレザーを使用
 →雨水や海水に濡れた後、太陽光等で急激に乾燥しても、ひび割れや変形を起しにくい
・アッパーは幅広いコーデに取り入れやすいオールブラウンカラー
・素足での着用可
・ソックスと合わせて奇麗目やプレッピーのコーデにもピッタリ

8位:プロトン/チャッカーブーツ/ブラック

・コバと太番手糸がアッパーを全周するノルヴェイジャン製法を採用
・100%自社製「テックスラバーソール」を採用したチャッカーブーツ
・履き口からアッパー両脇へ流れるウェイブカッティングが特徴
・ハーフムーンステッチがカジュアル感をプラス
・レザーはリス・レザーを採用
 →オイル含有率が高く光沢あり
 →耐久・耐水性に優れる
・ドレスカジュアルのコーデにもおすすめ

9位:シャンボード/Uチップ/ノアール

・耐久・耐水性に優れたリス・レザーを使用したUチップモデル
・オイル含有率が高く光沢があり
・フランスの自社工場にて一貫して製造
・空気を溜めるフィンを裏側に持つソールを採用
・内側がハニカム製造のヒールが別々になったパラテックスソールを採用
・高い堅牢性をもつノルヴェイジャン製法

10位:ウィリアム/モンクストラップ/ダークブラウン

・JHON LOBBのカジュアルコレクションモデルとして生産されていた「ウィリアム」
・ドレス感の強いダブルモンクをややカジュアルに表現
・ボリュームのある重厚なイメージ
・型押しのスコッチグレインのアッパーがエレガントな印象

 

以上がメンズから人気の高いパラブーツの革靴たちだ。
是非ともパラブーツのハイクオリティーな革靴を履きこなして頂きたい。
以上だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − eight =