メンズ諸君よ、女性に話題の「酵素洗顔」を知っているか?
「パウダーウォッシュ」と呼ばれることもある。

簡単にいえば「粉タイプの洗顔」で、「たんぱく質」や「皮脂」を分解する「酵素」が含まれている洗顔料だ。

女性用の酵素洗顔はファンケルやオルビスなどから発売されているが、メンズの酵素洗顔は残念ながら見かけたことがなかった。
というわけで筆者はファンケルの酵素洗顔をずっと使っていたのだが、なんと今回男性肌に特化した酵素洗顔「R_homme TSUBU WASH(ツブウォッシュ)」の存在を知って、さっそくレビューしてみた次第だ。

酵素洗顔の特徴

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?冒頭で触れたが、一応おさらいしておこう。
酵素洗顔はその名のとおり「酵素」が含まれている洗顔料だ。

酵素とは、他の物質に触れたときに化学反応を起こす物質である。
消化するための酵素、燃焼するための酵素、代謝するための酵素…生き物の生命活動には必ず酵素がかかわっている。

これを「顔の汚れを落とす」ことに応用したのが酵素洗顔というわけだ。
顔の汚れは主にたんぱく質や皮脂でできていて、これらを酵素が分解してくれる。

前者のたんぱく質を分解する酵素は主に「ヘプシン・ブロメライン・パパイン酵素」など。
皮脂を分解してくれる酵素は「リパーゼ」が代表的だな。

酵素洗顔のメリット

酵素洗顔のメリットはなんといっても、一般的なペーストタイプの洗顔料では落としきれない角質や皮脂をしっかり落とせる洗浄力に尽きるだろう。

酵素が働いて、余分な角質がきれいさっぱり取り除かれた感覚を味わえる。
また、皮脂もすっきり分解されて、つるつるでもちもちの肌を実感できるだろう。

物理的に削ぎ落とすのではなく汚れを分解して落とすから、いわゆる「イチゴ鼻」にも効果大だ。

酵素洗顔のデメリット

最強と思われる酵素洗顔にも、デメリットがある。
それは、「洗浄力が強すぎる」ということだ。

毎日使っても問題ないとされる酵素洗顔も多いのだが、睡眠不足や疲れなどで肌がデリケートになっているときは使用を控えた方が無難。
かえって肌を傷めかねないのだ。
これは酵素洗顔に限った話ではないが、敏感肌用の洗顔料もあわせて持っておくとベターだぞ。

また、アルコールを含む刺激の強い化粧水なども、もし酵素洗顔を使ったあとにこれまでの化粧水でピリピリするようであれば、敏感肌用でアルコールフリーの化粧水に切り替えよう
重要なのはアルコールの有無でなく保湿力だから、セラミドなど保湿成分の高いものをおすすめしたい。

あとは、酵素洗顔の直後に紫外線を浴びるとダメージが普段より大きくなる。
洗い立ては外部からの刺激に対してかなり過敏になっている状態だから、乳液などでケアしつつ外出しよう。

酵素洗顔「R_homme ツブウォッシュ」とは?

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?

さて、本題に戻ろうか。
「R_homme TSUBU WASH(ツブウォッシュ)」は待望の男性肌専用酵素洗顔だ。

R_homme TSUBU WASHの期待できる点

まず、酵素から。
たんぱく質を分解する酵素として「パパイン」
皮脂を分解する酵素として「リパーゼ」が配合されており、肝心の酵素については及第点といえよう。

さらに、洗顔料ではおなじみの「炭」や「クレイ(泥)」も配合しており、まことに申し分ない。
簡単にいえば、くすみや黒ずみ、皮脂や角栓すべてをごっそり落としてくれる成分が全部入りだということだ。

男性の肌は女性と比べて加齢とともに皮脂の量が減ることがない。
にもかかわらず水分量はどんどん減っていくから、このギャップがひどくなるとテカリやベタつき、乾燥が起きる。

実は肌というのは女性よりも男性のほうが何倍もデリケートで、だからこそ毎日しっかりスキンケアを行うべきなんだが…男性は別にそれほどこだわらなくてもいい、なんて考え方は古すぎるぞ!
そういう意味で、男性専用のスキンケア商品の存在はとてもありがたいよな。

もう1つ気になったのは、「R_homme TSUBU WASH(ツブウォッシュ)」が「泡‪立て不要」という点。
筆者はとにかく不器用で自力で泡立てができず、泡立てネットを駆使してやっとふんわり泡を立てられるのだが、やっぱりそれなりに時間がかかってしまう。
忙しいメンズにとって、粒を溶かして肌になじませるだけというのはかなりの時短になる。

というわけで、「R_homme TSUBU WASH(ツブウォッシュ)」、レビューしていくぞ!

R_homme TSUBU WASH(ツブウォッシュ)を試してみた!

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?まずは開封の儀。

コンパクトで持ち運びやすいサイズ

ペーストより粉末のほうが1回あたりに使う体積?が小さいから、ボトルもコンパクトである。
持ち運びによさそうだ。
ちなみにこのボトル1本でしっかり1ヶ月もつ。

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?サイズ感を別のものと比べてみたが、初代iPhone SEと同じくらいの大きさだった。
つるりとしていておしゃれ。

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?蓋を開けてみると、洗顔料とは思えない構造が姿を現して驚く。
(筆者が使っていたファンケルの酵素洗顔は個別包装だったのだ)

さて、では実際に使ってみる。

洗顔料は粗めの黒い粉

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?粗めの黒っぽい粉が出てきた。
このへんは女性用の酵素洗顔と同じだな(筆者が知っている限り、だが)。

適量は100円玉くらい(直径2cmほど)とのことなのだが、勢いよく出してしまって、これは500円玉大だな…。
何度か使ってみて思ったが、1回分のコントロールが難しい(特に急いでいるとき)。

閑話休題。
炭を砕いたようなパウダーでなんとなく効果のありそうな感じがしてくる。

お湯に溶かしてみる

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?お湯に溶かしてみた画像。
なんとびっくり、まったく泡立たない…!(念のため繰り返すと、この商品は泡立てなくてよいものである)

洗顔料は基本的に泡立てて使っていたので、なんとなく面食らってしまう。
一応泡立てを試みた画像も掲載しておこう。

R-homme ツブウォッシュ‪|‬レビュー 効果は?泡立てようとしてみても泡立たない、というのが正確なところか。
結局は杞憂だったのだが、「本当に汚れはしっかり落ちるのか?」と一瞬不安がよぎったりもした。

顔になじませる

溶かした洗顔料を顔になじませる。
かなりシャバシャバしているので、こぼれないようまず上を向いて手のひらを当てる感じ。

鼻まわり、Tゾーン、Uゾーンを中心にくるくるとマッサージ。
ゴシゴシと肌を擦りたくなるものだが、絶対にNG。

この作業は1分ほど。
他の洗顔料もそうだが、1分より長いと肌を傷めるのでつけ置きは厳禁である。

洗い流すと…?

なじませたところで顔をすすぐ。
お湯で10回以上バシャバシャ流すのがポイントだ。

最初に感じたのは、肌がまったく突っ張らないということ。
そして、皮脂がしっかり落ちている!!!
しかも肌はもっちもちだ。

鏡を見ると、鼻の角栓もかなり落ちている。
洗浄力でいえば、一般的なペースト状の洗顔料を軽く凌駕すると感じた。

洗い上がりは敏感肌用の化粧水と美容液でケア。
この洗浄力にもかかわらずピリピリと痛むことがなかったのが嬉しい。

1ヶ月使ってみた感想

まずよかった点から。

筆者はかなりの敏感肌なので2日に1度の利用に留めておいたのだが(毎日使ってもよいとされているものの念のため)、鼻の黒ずみだけじゃなく、洗顔後も残ってしまっていた、白くてしつこい角栓もほとんど消えたのである!
これは本当に嬉しい…!

また、鼻をさわったときのザラザラ感がまったくなくなった
毛穴汚れがしっかり落とせている証拠といえるな。

2日に1度でこの洗浄力だったので、肌がそれなりに強いメンズであれば1日に1度でも問題ないだろう。

また、肌が突っ張ったり痛みを感じたりすることもまったくなく、筆者の悩みの種だった「赤ら顔」がかなり解消されたのである。
これは個人差があると思われるが、強い洗浄力ながら肌に優しいというのは驚異的だ。

あとはイマイチだった点にも触れておこう。

量の調整がしにくく、1回で2回分出てしまうことがしばしばあった。
特に急いでいるときや眠いときはドバッと粉が出てしまって、もったいないと感じる場面が多々あった気がする。

時短を謳っていることもあるので、こういうところはストレスなく1回の量を確保したい。
そのため、できれば蓋部分の改善をしてほしいところだ。

まとめ

今回は男性専用の酵素洗顔「R_homme TSUBU WASH(ツブウォッシュ)」を1ヶ月試してみた。
総合的には★★★★☆、かなり満足である。

洗浄力が強いにもかかわらず、肌を傷めずに角栓や皮脂をしっかり落としてくれるこの洗い上がりは今までの洗顔で味わうことのできなかった爽快感だ。

ただ、「時短」という側面においてはもう少し期待をしたい
せっかく泡立てから解放されたのだから、1回分をもっとスマートに出せるようになれば★5である。
ちなみに女性用の酵素洗顔はそうした不便さを解消するために個別包装にしているので、そういった改善も大歓迎だ。

しかし、これほど肌をキレイに洗えると気持ちもすっきりするもので、酵素洗顔なんて素晴らしいスキンケアアイテムが登場したことに感動を覚えてしまうな。
この感動は4men読者と共有したいぞ!
ぜひ一度試してみてくれ!

おすすめの記事