ナイキSBスニーカー人気TOP20!ズーム・ダンク・ブレザー大集結!【2017】

やぁ、スニーカーを愛するメンズ諸君。
今日もオシャレなスニーカーを探してネットの海をさまよっているな?
仕方ない、今回はそんなスニーカーフリークたちの為にファッション性機能性を兼ね揃えたナイキのスケートボードシューズを紹介しよう。

ナイキのスケートボードシューズ、通称「NIKE SB」だ。

NIKE SBは、ナイキが世界中のスケーターたちの為に展開するコレクションで、パーカー等のウェア類からリュックやキャップ等の小物まで幅広く扱っている。そして今回紹介するスニーカーも幅広いシリーズを展開している。
ただし、一口にSBのスニーカーと言ってもその特徴はコレクションによって様々だ。

まず何と言ってもSBで触れておかなければならないのがZOOM AIRを搭載した「SB ZOOM」シリーズ。
ZOOM AIRとは、エアマックスなどに搭載されているMAX AIRのようにクッション性の高いソールのことで、MAX AIRとの最大の違いは地面に着地したときの「反発力」が圧倒的に高いという点。MAX AIRに比べて衝撃吸収力はやや劣るが、足が接地したあとに、素早く元に戻る力で次の動きを跳ね上げるクッション性がZOOM AIRの方が断然高いので、地面を蹴る機会の多いスケーターランナーたちにオススメのシリーズだ。

また、「ステファン・ジャノスキー」もナイキSBを語る上では外せない。ステファン・ジャノスキーは、ナイキSBに所属するプロスケーターであるステファンジャノスキー氏の名前をとったモデルで、彼自身もデザインに参加したりしており、一般的なスケボーシューズよりもデザイン性の高いモデルが多い。

ステファン・ジャノスキーのシリーズにもMAX AIRを搭載したモデルや、超軽量と反発力が魅力のルナロンを搭載したモデルもあるんだけど、何と言っても初めに紹介した「ZOOM AIR」を搭載した「ズーム・ステファン・ジャノスキー」が一番人気。
地面を蹴りあげる反発力に特化した「ZOOM」の機能性とプロスケーターであるステファンジャノスキー氏のファッション性融合したスニーカーとくればそれも納得だろう。

また、「ダンク」シリーズにも触れておく必要がある。
ダンクシリーズとは、その名の通り1985年にバスケットボールプレイヤー向けに誕生したバスケットボールシューズなんだけど、接地感に優れたソールユニットスケーターたちから絶大な支持を受けて、1980年代に多くのスケーターたちがこぞって履いていたそうな。
そんな背景もあり、2002年から「ダンク」シリーズをスケーター向けラインである「ナイキSB」で展開し始めたというわけさ。

とまぁざっくりだが、ナイキSBのスニーカーを知る上で知っておくべき「ZOOM」「ステファンジャノスキー」「ダンク」の3つのキーワードを抑えておけば、自分に合ったナイキSBのスニーカーを見つけるのに役に立つだろう。

ということで前置きが長くなったが、そんなナイキSBのスニーカーを、メンズたちから人気の高い順(Amazon・楽天)にランキング形式で紹介していこう。
是非とも参考にしてくれよな。



1位:ズーム/ステファンジャノスキ/ブラック

・アッパー:スエード
・ソール:ゴム底

 

・レザーと合成皮革のアッパーで抜群の履き心地を実感
・Nike Zoomにより薄型で軽量のクッショニングを実現
・アウトソールとアッパーをつなぐオートクレーブ構造によるクラシックで統一感のある仕上がり
・ヒールからミッドフットまでの一体型オーバーレイで一貫したサポート力を確保
・つま革の通気孔が通気性をアップ
・ヘリンボーントラクションパターンのラバーアウトソールが、耐久性とグリップ感を生み、方向転換をサポート

2位:ズーム/ステファンジャノスキ/スリップ・プレミアム

・メイン素材:スエード
・ソール素材:合成底

 

・アッパーに水彩画のようなプリントを落とし込んだスリッポンスニーカー
・「ステファンジャノスキー」をインスパイアしたクラシックミニマルスリップオンスケートシルエット
・フロントに「ステファンジャノスキー」の刻印
・アッパーのスウッシュを刺しゅうで表現
・耐久性に優れたスエードレザーを使用
・アウトソールはヘリンボーンパターンを採用
 →グリップ力向上

3位:ブレザー・ロー/グラント・テイラー

・アッパー:スエード
・ソール:ゴム底

 

・若きスケートボーダーGRANT TAYLOR(グラント・テイラー)のシグネチャーモデル
・名作BLAZERにBRUINのシルエットを掛け合わせた究極のフォルム
・アッパーにスエード素材を採用
・シュータンはナイロン素材を採用

4位:ダンクハイ・プレミアムSB

・アッパー:天然皮革・合成繊維
・ソール:ゴム底

 

・2016年秋モデル
・ハッキーサックを彷彿とさせる民族柄が特徴的なモデル
・耐久性と安定感のあるクラシックスタイルのハイカット
・優れた衝撃吸収を維持しながらロープロファイルアウトソール
 →抜群のボードコントロールを実現

5位:ダンクロー・プロ

・アッパー素材:スエード
・ソール素材:ゴム底

 

・2013年度SOTY(スケーター・オブ・ザ・イヤー)に輝いたアイショッド・ウェアの提案したカラーリングを落とし込んだモデル
・ガムソールがクラシカルなスケートシューズらしさを演出
・耐久性に優れたスエードとレザーのアッパーが、ラグジュアリーな質感をプラス

6位:ズーム/エリックコストン

・アッパー素材:合成繊維、天然皮革、合成樹脂
・アウトソール:ゴム底

 

・2015年秋冬モデル
・カジュアルなカモフラデザインのアッパーを採用
・ミッドソールとソックライナーの組み合わせにNike Zoomユニットを内蔵
 →クッショニングとコントロール力を強化
・耐久性とトラクションを提供するラバーアウトソール

7位:ズーム/ステファンジャノスキOG/オブシディアン

 

・NIKE SBの大物スケーター「STEFAN JANOSKI(ステファン・ジャノスキ)」のシグネチャーモデル
・古き良きオールドスクール感漂う細身のシルエット
・ショックを分散させるズームエアーを搭載
・安定感を増すバルカナイズドソールを採用

8位:ダンク・ロー・プレミアム/バンブー

・アッパー:キャンバス
・ソール:ゴム底

 

・ファイロンを配合した屈曲性に優れたニューアウトソールを搭載
・粗めに編み込んだ丈夫で素朴なキャンバス素材を使用
・使い古した頑丈な船着き場のロープを彷彿とする無骨な質感が特徴
・ショックを分散させるズームエアーを搭載
・インソール、ヒールパッチ、シュータンにアクセントとなる赤、緑、黄色でロゴをデザイン

9位:ズーム/ステファンジャノスキ/リオティールハイパーシェイド

・アッパー:天然皮革、合成繊維
・ソール:ゴム底

 

・アッパーには高級感のあるヌバックを採用
・ソールやインソール、シュータンをビビッドなグリーンで配色
・Nike Zoomユニットが軽量で薄型のクッショニングを提供
・アウトソールとアッパーをつなぐオートクレーブ構造
 →クラシックで統一感のある仕上がりを実現
・ヒールからミッドフットまでの一体型オーバーレイがサポート力を発揮
・つま革の通気孔が通気性をアップ
・ヘリンボーンパターンのラバーアウトソールでトラクションと耐久性を強化

10位:ダンク・ロー・プレミアム/デラソウル

・素材:レザー×スエード

 

・2015モデル
・ロングアイランド出身のヒップホップグループ「デラソウル」とのコラボスニーカー
 →2005年に販売されたコラボスニーカーのローカットアレンジモデル
・後部補強にアルバムジャケットをモチーフにしたダンクSB(DUNK SB)のイラスト入り
・人気の高い限定モデルなのでやや品薄

11位:ブレザー・プレミアム/スペシャルエディション

・アッパー素材:天然皮革+合成繊維
・ミッドソール素材:合成樹脂(ファイロン)
・アウトソール素材:ゴム底

 

・2016秋冬モデル
・薄型ながら抜群の衝撃吸収性を誇るクッショニング
・安定したフィット感を提供しアップデートしたガセットタン
 →足を中央に固定してぴったりとフィット
・薄型のAir Zoomクッショニングが抜群の快適性と接地感を実現

12位:ダンク・ロー・プロ/アイショッド・ウェア/シークリスタル

・アッパー:天然皮革/人工皮革/合成繊維
・ソール:ゴム底

 

・フィラデルフィアを代表するスケーターの「アイショッド・ウェア」の名を冠したモデル
・高いクッション性を実現する「ZOOM AIR」を搭載
・タンや内貼りを薄柔らかくしてよりフィット感の高い仕様に
・全方向への屈曲性の高いインソールはより繊細なボードコントロールを実現

13位:ブレザー・ロー/グラント・テイラー/アイボリー

・アッパー:天然皮革/人工皮革/合成繊維
・ソール:ゴム底

 

・2016 HOLIDAYモデル
・2011年のSOTY(スケーター・オブ・ザ・イヤー)に輝いたグラント・テイラーのシグネチャーモデル
・グラント・テイラーが愛用する、1972年登場の名バスケットボールシューズ、BLAZERとBRUINのSBモデルをミックス
・スウェードのアッパーに、ガムソールを合わせた往年のスケシューライクカラー

14位:ステファンジャノスキ/マックス/ブラック

・表地:スウェード
・ソール素材:合成底

 

・ステファン・ジャノスキのシグネチャーモデルにNIKE FREEと、MAX AIRのコンビネーションアウトソールをミックス
・スタイリッシュなアッパーデザインはそのままに、ソールユニットにFREEテクノロジーとMAX AIRユニットを融合
・1日中滑り込んだスケーターの疲労した足を回復させるREST&RECOVERYがコンセプト
・アッパーにブラックスウェードを使った、ステファンジャノスキーのシグネチャーモデルらしい上品な表情

15位:ステファンジャノスキ/マックス/ホワイト

・アッパー:合成繊維
・ソール:ゴム底

 

・ステファンジャノスキーのシグネチャーモデルにFREEとMAX AIRのコンビネーションアウトソールを搭載したモデル
・ポストパフォーマンス用に足の動きへの追随性を考えて作られたシューズ
・MAX AIRユニットがクッショニングを提供
・合成素材のアッパーがレザーと同等の耐久性を発揮し、通気性を強化
・ヒールに内蔵したMAX AIRユニットが衝撃吸収性を発揮
・深く刻まれたフレックスグルーブにより、足の自然な動きが可能
・EVAフォームソックライナーでクッショニングを更に強化
・ソリッドラバーポッドとヘリンボーントラクションパターンによる抜群の接地感

16位:チェック/ソーラーキャンバス

・アッパー:天然皮革
・ミッドソール:ゴム
・アウトソール:ゴム底

 

・2016年春夏モデル
・軽量のキャンバス素材のアッパーとSolarsoftソックライナー
 →柔軟性と接地感を損なうことなく、衝撃に対するクッショニングを提供
・キャンバス素材のアッパーが、優れた通気性としっかりとしたフィット感を実現
・抜群の履き心地を生み出すドロップインSolarsoftソックライナー
・加硫構造が柔軟性と接地感を強化
・トップのアイレットにグロメットを加えて、耐摩耗性を強化
・前足部に設けたピボットサークルが容易な方向転換をサポート

17位:トレイナーエンドー/ブラック

・メイン素材:合成繊維
・ソール素材:合成底

 

・どんな路面でも気にすることなく履けるスニーカーTRAINERENDOR(トレーナーエンドー)
・アッパーはトレーナー系シューズらしいベルクロストラップ仕様
・トラクションの高いラバーを装着したアウトソールを搭載

18位:ポートモア/ベイパー/ブラック

・アッパー:天然皮革(スエード)
・ミッドソール:合成樹脂(ファイロン)
・アウトソール:合成樹脂(ファイロン)

 

・ 厚みのあるラバーを重ねることなく、バルカナイズド構造により優れた反発性を実現
・ミッドソールにラバーとフォームの混合を採用
 →アウトソールの機能を兼ね備えることで反発力を犠牲にせずに重量を軽減
・ミッドソールにはラバーが注入され、軽量化と高い反発力を実現
・スエード製のつま先とかかとが耐久性を提供
・中足部のゴアストラップが編み上げ風のフィット感を演出
・最小限のスリップオンライクなフィット感が、負担にならない軽量感を提供
・スリムメッシュのシュータンが通気性を強化

19位:ブレザー・プレミアム/スペシャルエディション/ブラック

・アッパー:スエード
・ソール:バルカナイズドソール

 

・2016 SUMMERモデル
・ナイキ初のバスケットボールシューズとして誕生したBLAZERをよりタフにアップデート
・クッション性に優れたズームエアのインソールやオーリーエリアまで伸びるアイレットステイ等のSBモデルの基本はそのまま
 →フィット性を高めるガセットタンを採用した新仕様
・ブラックスウェードをベースにグレーレザーのスウォッシュを合わせたベーシックカラー
・高クッション性インソール ZOOM AIR を装備し着地時の衝撃大幅に軽減

20位:ダンクハイ・プロ/スカンク

・アッパー:スエード
・ソール:ゴム底

 

・スカンクの毛並をインスパイアした総柄アッパーモデル
・インソールにスカンクのイラストをデザイン
・ズームエアを内蔵したクッショニングに優れたミッドソールを採用
・高い衝撃吸収性とボードフィールを有した履き心地の良さ
・耐久性プロテクションを備えたクラシックスタイル
・優れた衝撃吸収を提供するロープロファイルアウトソール
 →抜群のボードコントロールとレスポンスを実現

 

以上がメンズたちから人気の高いナイキSBのスニーカーたちだ。
是非ともスケーターを魅了し続けるクッショニングを身にまとい、ストリートに繰り出して頂きたい。
以上だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − fifteen =