チャンピオンのパーカー20選!メンズ人気のフーディー大集合!【2017】

やぁ、オシャレ大好きなメンズ諸君。
もしかしてユーたちは今、春や秋に大活躍するパーカーを探しているんじゃないかい?
丁度よかった!まぁゆっくりしていってくれ。

今日まさにオススメのパーカーブランドの人気アイテム情報を仕入れたところだ。
最高にクールで最高にアメリカンなブランドだぜ?
キング・オブ・スウェットシャツでおなじみのあのブランドだ。
もうお分かりだろう。

そうだね、Champion(チャンピオン)だね。

チャンピオンと言えばみなさんご存じアメリカ生まれのスポーツウェアブランド。
小ネタだけど、チャンピオンは元々はスウェットとは全く関係のないニット製品の卸販売をしていたんだ。
あの天下のスポーティー野郎チャンピオンが、小奇麗なニットを販売してたなんて信じられないよな。
んで、そのニットの卸売を続けていくうちに高い品質が認めらて、アンダーウェアとしてスウェットのオーダーを受けるようになり、徐々にスウェット生地チャンピオンの主力商品へとなっていったというわけだ。
プーマも元々は体育館シューズを販売してたっていうし、歴史に名を残す有名ブランドってのはいつも無関係なステージから出発するものなのかねぇ。

ところで「チャンピオンのパーカー」と一口に言っても、トレーナー同様いくつか種類・シリーズがある。
そこんところを少しだけかいつまんで説明しよう。

一番の有名どころと言えば、定番人気の青タグシリーズ。
青タグシリーズとは、パーカーの首元に貼られたタグ青一色でデザインされたシリーズのこと。
青タグシリーズは概ね1万円前後で設定されており、チャンピオンのパーカーの標準価格とも言えるシリーズだ。

もう一つは完全MADE IN USAの通称「赤タグ」と呼ばれるシリーズ。首元のタグが赤一色でデザインされたシリーズのことを指す。
赤タグシリーズはアメリカンコットンドライな肌触りが楽しめるパーカーのシリーズで、価格帯はおおむね2万円前後とやや高め。本格的にチャンピオンパーカーの質感を楽しみたいというコアなユーザーにオススメのシリーズだ。

で、一番手を出しやすい価格帯のシリーズが「ベーシックシリーズ
ベーシックシリーズはおおむね5000円前後で価格設定されており、あんまりパーカーにお金はかけたくないけどチャンピオンの技術が詰め込まれたパーカーを楽しみたいというワガママなユーザーにおすすめのシリーズだ。

チャンピオンのパーカーと一口にいっても、このように素材の質感価格など絶妙に違いがあるので、その辺を気にしながらお気に入りの一品を見つけようじゃないか。
ということで少し前置きが長くなったが、今回はそんなチャンピオンのパーカーを、メンズたちから人気の高い順(Amazon・楽天の売上を参考)にランキング形式で紹介していこうと思う。
是非とも参考にしてくれよな。



1位:アクションスタイル/エメラルド

・2016秋冬モデル
・アクションスタイルのプルオーバーモデル
・ヘビーウェイトスウェットに左胸サガラワッペン仕様
・腹部のブランドタグや袖口のアイコンマークがアクセント
・スーパーフリース仕様の裏起毛が保温性抜群
・ダブルレイヤー仕立ての大きく存在感のあるフードが特徴

2位:アクションスタイル/ネイビー

・2016秋冬モデル
・アクションスタイルのフロントジップモデル
・サガラ刺繍のビッグCロゴワッペンを左胸に配置
・肉厚なスウェット「スーパーフリース」を使用
・裏地は柔らかく暖かな裏起毛仕様
・ダブルレイヤー仕立ての大きく存在感のあるフードが特徴

3位:プルオーバー/オックスフォードグレー

・リバースウィーブやメイドインUSAよりももっと手軽にChampionの魅力を楽しめるベーシックモデル
・USカレッジ感が特徴のベーシックアイテム
・タオルのような質感(パイル地)の裏毛を使用
 →保温性に優れる毛布の様なの裏起毛に比べ、春秋などにも最適
・左胸にチャンピオンのCロゴを刺繍
・カンガルーポケットを採用

4位:プルオーバー/オックスフォードグレー

・フロントにはチャンピオンロゴの染込みプリント
 →凹凸が無く発色が良いのが特徴
 →着用していく内に色抜けしてヴィンテージ感が楽しめる
・裏地は、パイル仕様
 →タオル生地のようなループが特徴
 →保温性バツグン

5位:リバースウィーブ/ロイヤルブルー

・洗うほどタフになり着込むごとに独アジが出るリバースウィーブモデル
 →生地を横向きに使用することで縮みを軽減
・ネームタグにはヴィンテージコレクターの間で人気の高い70年代モデルの青色単色タグを使用
・裏地は保温性に優れた起毛を採用

6位:リバースウィーブ/ミッドチャコールヘザー

・リバースウィーブモデル
 →生地を横向きに使用することで縮みを軽減
 →ガーメントウォッシュ加工でリアルな古着の表情を追求
・肌触りの良いコットン100%裏毛素材を採用
・しっかりとした10ozのスウェット生地を使用
 →十分な肉厚感を保持
 →インナーとしても着用可能で3シーズン着倒せる

7位:プルオーバー/ブラック

・良心的な価格でチャンピオンスウェットの魅力が楽しめるベーシックシリーズのプルオーバーモデル
・USカレッジ感が特徴のベーシックアイテム
・タオルのような質感(パイル地)の裏毛を採用
 →春秋に最適な着心地
・左胸にCロゴ刺繍
・カンガルーポケット仕様

8位:リバースウィーブ/インディゴ

・生地を横向きに使用して縮みを軽減するリバースウィーブシリーズ
 →リアルな古着の表情を生み出すガーメントウォッシュ加工済み
・着脱が容易なフロントジップモデル
ロープインディゴ染色したニュアンス豊かなプロダクト
・10ozの軽い着心地にアスレチックウェアとしての機能性が魅力
・インディゴ糸使用
・肌触りの良いコットン100%裏毛素材を採用
・3シーズン活躍する10ozのスウェット生地

9位:ジップ/バーガンディー

・手軽にチャンピオンスウェットの魅力が楽しめるベーシックシリーズのフロントシップモデル
 →Championのシリーズ中もっとも手頃な値段
・タオルのような質感(パイル地)の裏毛
 →3シーズ着まわせる汎用性の高い厚みが魅力
・左胸にチャンピオンのCロゴ刺繍

10位:リバースウィーブ/インディゴ

・2016秋冬モデル
・生地を横向きに使用したリバースウィーブシリーズのプルオーバーモデル
 →縦縮みを軽減し、サイドリブが横縮み防止
・リアルな古着の表情を生み出すガーメントウォッシュ加工済み
・肩接ぎなし
・インディゴ糸使用

11位:リバースウィーブ/スナップ/ネイビー

・リバースウィーブのカーディガンタイプ
・ガーメントウォッシュ加工済み
・糸、生地、縫製の全てMade in USAにこだわったコレクション
・USコットンのドライな手触りと12.5ozのざっくりとした風合いが魅力
赤単タグを使用

12位:リバースウィーブ/ウィンドストリッパー/ブラック

ウィンドストッパー加工
・登山やスキーなどアウトドアウェアで使われる高機能素材、WINDSTOPPER(R) GORE(R)を通常のスウェット生地の間に挟みこみ、防風性・透湿性を備えた新しいスウェットシャツ

 

・リバースウィーブ製法
・サイドリブは4本針縫製。それ以外は2本針縫製。
 →4本針はより丈夫で縫製裏の凹凸感がなくフラットな縫製
ウィンドストッパー加工
 →風による体の冷えを防ぎ、汗の水蒸気を外へ放出
・裏メッシュ素材(吸汗速乾機能)
撥水加工
・フード前スナップ釦仕様

13位:プルオーバー/ネイビー

・昔ながらのアメリカのキャンパスカジュアルが楽しめるキャンパスシリーズ
・MADE IN USA
USコットンのドライタッチな感触や肌触りが最大の特徴
ボールウォッシュ加工
・染込みプリント
 →凹凸が無く発色がいい

14位:ベーシックアスレチック/ネイビー

・風合いと吸水性を兼ね備えたシンプルなプルオーバーパーカー
・胸元にあるチャンピオンのロゴが特徴的

15位:ラップエア/レッド

・2016秋冬モデル
・スタンドカラータイプでリブラインがデザインポイント
・S.W.S (STRETCH, WIND SHIELD,HEAT)のストレッチ感、防風性、保温性に優れた三層構造
Wrap-Airシステム搭載で適度な通気性も実現

16位:ラップエア/スマートアスレチック/オックスフォードグレー

・2016秋冬モデル
・快適に運動が継続できる「Wrap-Air」を採用
 →通気性、ストレッチ、保温性に優れた三層構造素材
・フロントにエンボスでチャンピオンロゴをデザイン
・リブ箇所のカラーラインがカジュアルな印象をプラス

17位:リバースウィーブ/ジップ/オートミール

・生地を横向きに使用したリバースウィーブモデル
 →ヴィンテージ感を出すガーメントウォッシュ加工済み
・着脱しやすいフロントジップモデル
・糸、生地、縫製全てMade in USA
・USコットンのドライな肌触りが特徴
赤タグモデル

18位:ケイジャーズラップエアー/ブラック

ケイジャーズ
・1800年代後半、バスケットボールが誕生した当初はルールが整備されてらず、ギャラリーがゴールを妨害することがあった。そこで、選手を守るべくコートを囲ったのが金属製のケイジ(CAGE)
・ケイジの中でプレーする様子から、バスケットボールをする人を“ケイジャー”と呼ぶ習慣が生まれた
・CAGERS(ケイジャーズ)はバスケットボールが脈々と受け継いできた熱い気持ちをコアに持つ、チャンピオンの本流ライン

 

・3層構造素材で快適に運動が継続できる「Wrap-Air」を採用
 →通気性、ストレッチ性、保温性に優れた構造
・フロント下部にケイジャーズを象徴するバスケットボールのロゴパッチを刺繍
・ファスナーテープをブラックで切り替えたカジュアルな配色
・ファスナートップはアクセントとなるレッドカラーを採用

19位:プルオーバー/ネイビー

・2016秋冬モデル
・アメリカのカレッジテイストが楽しめるキャンパスシリーズ
・ボールウォッシュ加工
・染込みプリント
 →凹凸が無く発色がいい

20位:プルオーバー/ヘザーチャコール

・チャンピオンキャンパスが提案するパイル生地のプリントプルオーバーパーカー
・染み込みプリント仕様でクラシカルな雰囲気があるパーカー
・厚すぎないライトオンスのパイル生地
・フードはダブルフェイス(表生地と裏生地が袋状に縫製)なのでフードのボリューム感がパーカーらしい印象
・シルエットは身幅は通常のスペックだがアームは細め

 

以上がメンズたちから人気の高いチャンピオンのパーカーたちだ。
是非ともチャンピオンの技術力が結集された匠パーカーを身にまとい、ストリートに繰り出して頂きたい。
以上だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です