結婚式におすすめのネクタイの色をランキングで紹介する

やぁ、結婚式にどんなネクタイをつけていこうか迷っているメンズ諸君。
まさかとは思うが、「無難に白のネクタイをしていこう」なんて考えていないだろうね?
はっきり言わせてもらうと、今や白のネクタイ全く無難じゃないからな。

wedding-1706472_1280-min

ひと昔前の日本では、「お葬式は黒のネクタイ」「結婚式は白のネクタイ」なんていうお決まりがあったのは確かだ。
恐らく、のワイシャツにのネクタイを着用することにより、新郎新婦よりも目立たなくするという日本人ならではの謙虚さ奥ゆかしさみたいなのが反映された趣向だったのかもしれない。
しかし、そういった考えももはや昔のモノになりつつある。
そもそも海外では、白のネクタイ新郎がつけるもので、参加者は付けないというのがスタンダード
結婚式に白のネクタイを着用するのは日本独自の文化だったんだ。

しかしそんな日本でも、近年では白のネクタイ50代以上のおじ様たちが着用するケースが多く、20代の若者たちは色付きのネクタイを着用することが非常に多い
ただし、色付きのネクタイと言ってもあまりにも目立つ色は式の主人公である新郎新婦に対して失礼だし、あまりにも地味なネクタイは結婚式の第二の目的である参加女性のハンティングにおいて圧倒的に不利になってしまう。
モテたいメンズ諸君は、結婚式は、女性との新たな出会いを掴むための絶好の場所であるということは決して忘れてはならない。

son-in-law-1216856_1280-min

そこで今回僕が、結婚式におすすめの”目立ち過ぎずダサ過ぎない“ネクタイの色をランキング形式に紹介しようと思う。
謙虚さを見せつつも戦いの姿勢を崩さないハンター諸君は、是非とも参考にして、結婚式で大勝利を収めて欲しい。

1位:シルバー

1位は、白と同系色のシルバーがエントリー。

白は地味過ぎるけど、目立ちすぎるのも新郎新婦に申し訳ない、という攻めと守りの姿勢を併せ持つ色がシルバーだ。
恐らく近年若者たちが結婚式で最も着用する率が高いのがシルバーなんじゃないかな。

シルバーは知性溢れる、シャープな男のイメージを与えることが出来、なおかつ控えめな印象があるので結婚式にはもってこいの色というわけだ。
もちろん若者たちの主流なので周りとの差別化は出来ないが、安定感は抜群だ。

Landisun レンディスン (ハンカチ、カフス付き)

・光沢感
・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・カフス付き

ElegantSong シルバーネクタイ(ハンカチ、カフス、ネクタイピン付き)

・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・カフス付き
・ネクタイピン付き

2位:ピンク

人に安らぎを与える、幸せな気持ちにさせる色がピンクだ。

結婚してこれから幸せな家庭を気付いていこうとする夫婦を最大限に祝福する色がピンク。
男子がワンポイントで身に着けるピンクは女子から圧倒的な人気を誇っており、結婚式の二次会とかでも効果を発揮する色でもある。

ピンクと言っても原色に近いようなビビッド系のピンクは目立ちすぎるのでNG。
結婚式では、控えめだけど、高級感が漂う光沢のある薄いピンクが最強。

シルバーはありきたりだから、別の色をチョイスしたいというメンズに一番オススメな色だ。

LIBERO (ピンク+市松模様+ハンカチ、カフス付き)

・カフス付き
・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・無難に攻めたい人向け

Smith&Scott(ピンク+シルバーストライプ+ハンカチ付き)

Smith&Scott(スミスアンドスコット)のシルバーストライプ入りのピンクネクタイ。

・ピンク光沢
・派手め
・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・周りと差別化できる光沢のあるストライプ

3位:ブルー

品性がある、気配りができる、思いやりがある、そんな印象を与えることが出来る色がブルーだ。

青という色も、シルバー同様”謙虚さ”を印象付けることが出来る色なので、結婚式にはぴったりというわけだ。
ブルーと言ってもダークブルーなどの暗い青は人を「ブルーな気持ち」にさせてしまう可能性があるので、僕が紹介しているようなライトブルーのネクタイをチョイスしよう。

CherryRed チェリーレッド(ブルー+ハンカチ、カフス、ネクタイピン付き)

・カフス付き
・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・ネクタイピン付き

Smith&Scott(スミスアンドスコット)ブルーストライプ

・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・周りと差別化できる光沢のあるストライプ

4位:ゴールド

人を豊かな気持ちにさせる、自信を持たせてくれる色がゴールドだ。

二次会で最も効力を発揮する色でもある。
ただし、注意が必要なのが、ゴールドというのは柄やデザインを間違えると「自分をアピールし過ぎてしまう色」でもあるので、結婚式のわき役である出席者として不適切な色になってしまう可能性がある。
なので、デザイン・柄は出来るだけ無難なものをチョイスしよう。

CherryRed チェリーレッド (ゴールド+カフス、ハンカチ、ネクタイピン付き)

・カフス付き
・ハンカチ(ポケットチーフ)付き
・ネクタイピン付き

Landisun(レンディスン)ゴールド

・カフス付き
・ハンカチ(ポケットチーフ)付き

 

以上が結婚式にオススメのネクタイの色だ。
是非とも参考にして頂き、結婚式で色々な意味で大活躍して頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です