VANS(バンズ)スニーカー特集!メンズ人気TOP20発表するぜ!【2017】

やぁ、スニーカーを愛するメンズ諸君。
今日はユーたち熱狂的スニーカーファンたちの為に、世界中のスケーターたちから愛されるスニーカーを紹介しようと思う。
スケボー」「スニーカー」とくればもうあのブランドしかないでしょう。
そう、VANS(ヴァンズ)だね。

VANSは1966年、アメリカのカリフォルニア州アナハイムのブロードウェイ通りひっそり誕生したスニーカーブランドで、開業当時はヴァンズのスニーカーはすべて店舗で事前に手作業で作り、自分たちで販売を行っていたそうな。
ヴァンズのスニーカーは開業以来、シンプルなデザイン圧倒的履き心地、そして伝統的なバルカナイズ製法を守り続けてきている。

【バルカナイズ製法とは】
ゴム底と靴本体を接着し、硫黄を加えた釜で熱と圧力をかける製法で、170年以上も前の1839年に、アメリカの発明家チャールズ・グッドイヤーが発明した、まさに“スニーカーの基本製法

引用:http://spingle.jp/craftsmanship/vulcanize/

そしてヴァンズのスニーカーのクッション性ホールド感の良さが最強にスケボーに適した靴であるとして、次第に地元のスケーターたちから絶大な支持を受けるようになった。スケーターたちの中には、ハイカットスニーカーを自分たちの適したサイズにカットして使うほどの熱狂的ファンすらいたそうな。
また、ヴァンズはプロスケーターとのコラボ作品を展開したりと、とにかくスケーターたちからの支持層の厚さは他の追随を許さないと言っていいかもしれない。

そんなこんなでスケーターたちから広がっていたヴァンズ人気は、クラシックモデルである「オールドスクール」の少し後に登場した「SK8-HI」以降、瞬く間に世界中へと広がり、今日では誰もがストリートシーンで当たり前にコーディネートに取り入れるファッションスニーカーへと進化を遂げたのだ。

ということで今回は、そんなスケーターたちから愛され続けてきたヴァンズのスニーカーたちを、現代のメンズたちから人気の高い商品順(Amazon、楽天を参考)にランキング形式で紹介していこうと思う。
是非とも参考にしてくれよな。

1位:オールドスクール/ブラック

 

OLD SKOOL(オールドスクール)
・VANSクラシックラインの代表モデルOLD SKOOL
・通称「ジャズ」とも呼ばれ、ローカットの中ではERAやAUTHENTICと並ぶ不動の人気を誇るモデル
・1976年リリースのSTYLE 36(通称JAZZ)をベースに、爪先のトゥカップを広めにとったアップデートモデル

 

・アウトソールのワッフルソールがクッション性に優れており、VANSの中でも不動のベストセラーアイテム
・ブラックキャンバスのアッパーにホワイトのサイドラインとソールで配色したシンプルなデザイン
・レッドカラーの「VANS OFF THE WALL」をヒールパッチにセット

2位:オーセンティック/レッド

 

Authentic(オーセンティック)
・1977年発売
・VANSで一番最初に作られたスニーカーコレクション
・ピストバイク・ムーブメントにより再度注目を浴びているモデル

 

・スケートボード向けの機能を融合させたスニーカー
・アウトソールにはクッション性とグリップ力を重視したワッフルソールを採用
・ポリウレタン素材をベースとしたインソールがスケーターの着地時の激しい衝撃を緩和

3位:オーセンティック/ホワイト

 

・シンプルにジーンズとあわせたいオールホワイトカラーのデッキスタイルシューズ
・VANSのエントリーモデルとしてもオススメ
・アッパーサイドとヒールのブランドロゴパッチもシンプルにブラックカラーでデザイン

4位:エラ/ブラック

 

ERA
・1966年発売のAUTHENTICにパッドを加え、1976年に登場したモデル
・スケートチーム”Z-BOYS”のオリジナルメンバー”TONY ALVA”や”STACY PERALTA”らの提案により改良

 

・ブラックキャンバスのアッパーにブラックソールを採用したオールブラックカラー
・履き口部分にパッドが入ったスケートボード仕様
・レッドカラーのヒールパッチがアクセントに

5位:クラシックスリッポン/ブラック

CLASSIC SLIP-ON
・ERAの改良版として登場し、脱ぎ履きの楽さ等からサーファーの間で大流行となったモデル

 

・キャンバスアッパーからソールまでブラックで統一したモデル
・レッドのヒールパッチがアクセントに

6位:クラシックスリッポン/ブラック

・アッパーにブラックカラーのキャンバスを採用
・ホワイトのソールにレッドカラーのヒールパッチがアクセントに

 

7位:TNTシックスジェネレーション/ブラック

TNT SG
・サンフランシスコを代表するハードコアスケートブランドANTI HEROの看板ライダーであり、BAD SHIT!のベーシストでもあるTONY TRUJILLO(トニー・トゥルヒーヨ)のシグネチャーモデル第6弾
・OLD SKOOLのシルエットをベースに、オーリーエリア等各部の耐久性を向上
・通気性やクッション性に優れ、抗菌・防臭効果もあるオーソライトのインソールを採用
・クラシカルな見た目とは裏腹にプロスケートカテゴリならではの機能性も兼ね備えたモデル

 

・ブラックのスウェードとキャンバスの定番コンビアッパーに、ホワイトのサイドストライプを合わせたベーシックカラー
・アッパーのホワイトステッチがカジュアルな印象
・トニー・トゥルヒーヨが愛用するGIBSON SGにインスパイアされたシュータンロゴがアクセント

8位:ハーフキャブ/ブラック

HALFCAB
・プロスケーターSteve Caballero(スティーブ・キャバレロ)のセカンドシグネイチャーモデルとして1991年に発表
・ハイカットのシグネチャーモデルCaballero(キャバレロ)をスケーター達が自分達でカットしてカスタマイズしていたことから着想を得て誕生したスケートシューズ
・キャバレロが生み出したトリックHALF CABから命名
・2012年で生誕20周年を迎え、厚手の14オンスキャンバスをアッパー全面で使用したモデル

 

・シンプルにブラックとホワイトでカラーリングしたハーフキャブ
・厚手のキャンバスアッパーを採用
・耐久性を確保しつつスエードの通常モデルよりも軽い履き心地
・摩擦に強い特殊な形状のワッフルソールを採用
・SK8モデルよりも若干ホールド感あり

9位:フォーミュラワン/チェッカーボード

・キャンバスアッパーにブラック×レッドのチェッカーボード柄をデザイン
・アウトソールにレッドをカラーリングしたビビッドなスリッポン
・CORE CLASSIC(コア クラシック)商品として、常にカタログに掲載されている定番カラー

10位:オールドスクール/ブラック

・ブラックキャンバスのアッパーにブラックのソールを合わせたヴァンズ定番のオールブラックカラー
・レッドカラーのヴァンズブランドヒールパッチがアクセントに
・クッション性に優れたアウトソールのワッフルソールを採用
・シュータン裏にマイクロスエード素材を採用
 →足あたりがソフトな印象

11位:エラ/プロ/ブラック

ERA PRO
・AUTHENTICにパッドを加えて1976年に登場したERAを、よりハードな使用にも耐えられるプロスケート仕様にアップデートしたモデル

 

・ブラックスウェードとキャンバスのコンビアッパーにホワイトソールを合わせたヴァンズ定番のカラー
・レッドのピスネームとヒールパッチがアクセントに
・ULTRACUSH HDのカップインソールを採用
・アウトソールのトゥ部分には磨り減りにくいDURACAPを搭載

12位:スケートハイ/ブラック

SK8-HI
・1978年に登場したOLD SKOOLと同時期にリリースされたスケートボード用モデル
・足首のサポート性の高さが多くのスケーターから支持を受けてVANS流行の火付け役にもなった定番モデル

 

・ブラックスウェードとキャンバスのコンビネーション
・サイドアッパーにはVANSのアイコンであるサーフラインをデザイン
・レッドカラーのシュータンとヒールパッチがアクセントに

13位:オーセンティック/ブラック

・2014秋冬モデル
・ブラックキャンバスのアッパーに、ガムソールを合わせたクラシカルなスケシューライクカラー
・ガムソールにカラーマッチしたゴールドのアイレットがクールな印象

14位:スケートハイ/ブラック

・ブラックキャンバスのアッパーにブラックソールを合わせたオールブラックカラー
・オールブラックのデザインにワッフルパターンのガムソールがアクセントに
・シュータンとヒールパッチはホワイトで切り替え

15位:ハーフキャブ/ブラック

・キャバレロのミッドカット改良モデル
・ブラックとホワイトの定番カラー
・ホワイトステッチがカジュアル感をプラス
・シュータンにはブラックベースにホワイトでハーフキャブのロゴを配置
・レッドカラーのヒールパッチがアクセントに

16位:オーセンティック/プロ/キャンバス/ブラック

・2016モデル
・クッション性に優れたULTRACUSH HDのカップインソール採用
・トゥエリアの耐久性を高めるDURACAPの二重補強採用
・ブラックキャンバスのアッパーに、暗色系のガムソールを採用
・レッドカラーのヒールパッチがアクセントに

17位:TNTシックスジェネレーション/ブラック×ガム

・2016モデル
・トニー・トゥルヒーヨのシグネチャーモデル第6弾TNT SG
・ブラックキャンバスのアッパーにヴァンズのサーフラインをホワイトで配色
・GIBSON SGにインスパイアされたレッドカラーのシュータンロゴがアクセントに
・レッドベースにドット柄が施されたインソールがオシャレ
・クラシカルな印象のガムソールを採用

18位:エラ/プロ/レッドダリア

・AUTHENTICモデルにパッドを加えたERAモデルを、さらに耐久性を向上させてスケートボード仕様にアップデートしたERA PRO
・レッドスウェードとブラウンキャンバスを組み合わせたカジュアルな印象のツートンカラー
・クッション性に優れたULTRACUSH HDのカップインソールを採用
・トゥエリアの耐久性を高めるDURACAPの二重補強採用

19位:オールドスクール/ティール

・STYLE 36(通称JAZZ)をベースに、爪先のトゥカップを広めにとったアップデートモデル
・鮮やかなティールカラースエードにホワイトのサーフラインを採用したツートンカラーのアッパー
・履き口、シュータンはクッション性とホールド感を向上させるパッド入り
・つま先、かかと、シューレースホール部分にはスエード素材を採用

20位:オールドスクール/ネイビー

・ネイビー、ブルー、ホワイトの3色でカラーリングしたオールドスクール
・ワッフルパターンのガムソールを採用
・レッドのヒールパッチがアクセントに

 

以上がメンズたちから人気の高いヴァンズのスニーカーだ。
是非ともスケータースピリッツを身にまとい、ストリートシーンに彩を加えて頂きたい。
以上だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です