フォーレンジャー
やぁメンズ諸君!

今日はスニーカー界の神様、Nikeが展開する大人気コレクションの人気アイテムたちを紹介しようと思うんだ。

ナイキが開発した衝撃吸収システムを搭載した不朽の名作シリーズだ。

その名もAIR MAX(エアマックス)だ。

エアマックスは、今からおよそ30年前の1987年、ナイキの天才デザイナーであるティンカー・ハットフィールド氏によって生み出されたランニングシューズ。

我が国でも、20年ほど前にエアマックス狩りなる暴動が起きたほど人々を熱狂の渦に巻き込んだ名作だ。

1990年代中頃、スニーカー人気が爆発的に高まり、本来運動靴であるはずのスニーカーに異常な程のプレミアム価格が上乗せされ、定価よりはるかに高価で取引されるようになっていた。特に1995年に発売された「エアマックス95」は大人気となり、1997年までの約2年間は生産、販売が追いつかない品薄状態が続いたため、非常に高額で取引されるようになっていた。販売店によっては、中古の場合で十数万円、新品の場合は六十万円程度の価格を付けたケースもあるとされる。
新品だけでなく中古品であってもかなりの高額で取引されたため、エアマックス95を履いた人物を襲撃し奪い取る事件が頻発し、「エアマックス狩り」「マックス狩り」と言われ社会問題化した。

wikipedia - エアマックス狩り

エアマックスの魅力は何と言ってもランニングシューズ界に革新をもたらしたクッションテクノロジーであるビジブルエアだろう。

ビジブルエアとは、シューズのヒール部分に搭載されたエアバッグのことで、インソールの内側から空気を開放することでエアバッグの容量を増やし、高い衝撃吸収性能を実現している。

で、靴の底に窓を設けてエアバッグの空気解放システムが外側から可視化されていることからビジブル(visible=目に見える)エアと呼ばれているんだ。

エアマックスには発売された年によってコレクションがカテゴライズされていて、例えば1990年に発売されたモデルはAIR MAX 90と呼ばれ、スポーツシーンよりもストリートでの着用を想定したファッション性を追求したモデルで、現在でも最も人気のあるコレクションだろう。

あと、上でも紹介したエアマックス狩りの標的になったのが1995年に販売されたAIR MAX 95シリーズ。

エアマックス95はグラデーションカラー等を用いたスポーティーなデザインが印象的で、エアマックス90よりもさらにスポーツシーンにおける機能性にフォーカスしたモデルだ。

他にも魅力的なシリーズがたくさんあるが、ひとまずこの2つの年代のモデルは最低限抑えておこう。

要点を抑えたところで、今回は、世界の人々を魅了してやまないエアマックスの人気モデルたちを、メンズから人気の高い順番ランキング形式で紹介していこうと思う。

フォーレンジャー
是非とも参考にしてくれ!

1位:INVIGOR PRINT / グレー

チェックポイント

  • NSW(NIKE SPORTSWEAR)の2016年HOLIDAYシーズンモデル
  • エアマックス95のデザインラインから着想を得たモデル
  • 軽量で通気性を確保したブリーズテック素材のアッパー
  • 両サイドには昇華グラフィックプリント
  • ヒールにはクッション性に優れたMax Airユニットを装備

2位:DYNASTY / 青

チェックポイント

  • 快適性をパワーアップしたランニングモデル
  • かかと部分のMaxAirユニットがクッション性を最大化
  • Flywireの各ケーブルの間に配置された軽量のメッシュが通気性を強化
  • ナイキエアロロフトベストのバッフルからヒントを得たアッパーデザイン
  • 高い反発性を実現
  • シューレースと一体化したFlywireケーブルがサポート力を発揮
  • 軽量で柔らかいミッドソール

3位:AIR MAX 90 ESSENTIAL / 白×黒

フォーレンジャー
2002年からスタートして本格スケート仕様のモデルを提供する"NIKE SKATEBOARDING"からスペシャルエディションの登場だ。1972年にナイキ初のバスケットボールシューズとして誕生したBLAZERをよりタフにアップデートしたモデルだ!

AIR MAX 90

90年代に登場し、現在に至るまで広く認知されている定番モデルがAIR MAX 90だ。コーディネートに取り入れ易いシンプルなルックスと豊富なカラーバリエーション、そして伝統のクッショニングシステム"AIR"を搭載した、AIR MAXシリーズの中でも最もスタンダードで安定した人気を誇るモデル。

チェックポイント

  • クッション性に優れたZOOM AIRのインソール
  • オーリーエリアまで伸びるアイレットステイ等のSBモデル
  • フィット性を高めるガセットタンを採用した新仕様
  • ホワイトスウェードをベースに、ブラックレザーのスウォッシュを合わせたベーシックカラー

4位:INVIGOR PRINT / 青×黒

チェックポイント

  • エアマックス95からデザインのヒントを得て生まれたシューズ
  • アッパーにはブリーズテック素材を使用して軽量で高い通気性を実現
  • 継ぎ目のないオーバーレイがすっきりとしたスタイルを演出
  • ヒールにはクッション性に優れた伝統のMaxAirユニットを装備

5位:AIR MAX 90 Mid WNTR / 緑系

チェックポイント

  • NSW(NIKE SPORTSWEAR)の2015年HOLIDAYシーズンモデル
  • エアマックスの中でも一番の人気の高いモデルがミッドカットにアップデート
  • ブーティーコンストラクションや撥水加工のアッパーなど冬の足元をサポートするニュースニーカー

6位:AIR MAX 90 LEATHER / 白

チェックポイント

  • 細部にプラパーツを組み合わせ、新たな時代を感じさせるデザイン
  • シリアスランナーからタウンユーザーにかけて大人気
  • 様々なファッションシーンに活躍が見込める仕上がり

7位:AIR MAX ZERO QS / 白

AIR MAX ZERO

30年あまりの長い間封印されていたエアマックスの製作段階で描かれたコンセプトスケッチをベースに、NIKEのイノベーションを駆使して2015年に満を持して誕生したのがAIR MAX ZERO。

ティンカー・ハットフィールド

エアジョーダン、エアマックスを生んだナイキの伝説的デザイナー

チェックポイント

  • シームを極限まで省いたワンピース構造のアッパー
  • 軽量性と通気性を確保
  • ソールユニットには究極の軽量化を実現するPhylonソールを採用
  • インソールにシューズロゴとティンカー・ハットフィールド氏のサイン

8位:Air Max Sequent / 黒×赤

チェックポイント

  • NIKE RUNNING(ナイキランニング)の2016年SPRINGシーズンモデル
  • アッパー全体に通気性に優れたメッシュ素材を採用
  • 通気性と軽量性を実現
  • ヒールの大型ビジブルエアが高いクッション性と優れたライディングを実現

9位:Air Max 90 Essential / 黒×グレー

チェックポイント

  • 上質なレザーのアッパーが、丈夫で快適な履き心地を実現
  • 耐久性に優れたフォームミッドソールとヒールのMax Airユニットが抜群の衝撃吸収力を発揮
  • ワッフルパターンのラバーアウトソール
  • トラクションと耐久性が向上
  • エンジニアードメッシュで耐久性が向上
  • パッド入りの履き口で快適
  • フレックスグルーブ(アウトソールやミッドソールにある溝)が可動域を拡大

10位:AIR MAX 90 ULTRA MOIRE / 白×黒

チェックポイント

  • AIR MAX 90のシルエットをそのままに、超軽量でスタイリッシュに生まれ変わったウルトラモアレバージョン
  • 最小限のパーツ構成で纏め上げられたアッパー
  • 足馴染みの良さと通気性を確保
  • ソールも重さの原因となっていた芯を取り除くことで滑らかな動き出しと快適な履き心地を実現

 

以上が、現在ナイキで高い人気を誇るエアマックスたちだ。

フォーレンジャー
シューズ界の革命的クッショニングシステムを身にまとえ!
おすすめの記事