フォーレンジャー
やぁ、ファッションをこよなく愛するメンズ諸君!

もしかしてユーたちは今、オシャレなスウェットを探しているんじゃないか?

丁度良かった、今日はユーたちに最高にクールなスウェットシャツを紹介しようと思っていたところだ。

このブランドは、そう。言うならばスウェット界のキングだ。

それでは早速紹介しよう、その名もChampion(チャンピオン)だ。

チャンピオンは元々米軍学校用のニットウェアを生産しており、その技術を生かしてミシガン大学のスポーツチームにスウェットを提供しはじめた。

そして高品質かつ安価なチャンピオンのスウェットの評判は、コーチからコーチへ伝わり、瞬く間にそのシェアを全米各地に拡大させたブランドだ。

チャンピオンのスウェットと言えば何と言っても機能的なデザイン・耐久性・素材・縫製といったひとつひとつの細かいディテールが魅力で、スウェットに関しては我が国でも「キング・オブ・スウェットシャツ」として親しまれている。

そんなチャンピオンのスウェットには「ロチェスター」や「キャンパス」等いくつかコレクションがあるんだけど、チャンピオンのクラフトマンシップ溢れるスウェットを語る上で「リバースウィーブ」の言及は避けられない。

リバースウィーブは、チャンピオンブランドを所有するヘインズブランズが1934年に生み出したコレクションで、生地を横向きに使用しているのが最大の特徴。

リバースウィーブには、ガーメントウォッシュと呼ばれる特殊な加工が施されている。

ガーメントウォッシュ加工が施されることにより、購入後の洗濯における縮みを軽減し、生地にほどよいヴィンテージ感を与える効果があり、リアルな古着の表情もこのガーメントウォッシュ加工により創り出されているのだ。

まさしくこのリバースウィーブの誕生こそがチャンピオンをキング・オブ・スウェットシャツと言わしめたきっかけとなったと言える。

また、チャンピオンのスウェットシャツを着る上で「タグの違い」にも注目してもらいたい。

チャンピオンのスウェットシャツのタグには「青タグ」「赤タグ」と呼ばれるの2種類のタグが存在する。

青タグは1970年代のリバースウィーブに使用されていたタグで、厚さ11.5ozで赤タグよりもやや薄手で値段も比較的安め。

しっかりとガーメントウォッシュ加工がされており、丈等のサイズ感も日本人向けに作られている。

赤タグも70年代リバースウィーブに使用されていたんだけど、青タグよりもヘビーウェイトな12.5ozスウェットを使用しており、値段の方はやや高めに設定されているのが特徴。

しかし注意が必要なのが、赤タグの方はあくまでも「USコットン」のドライな肌触りにこだわっているため、上で触れた洗いによる縮みを防止するガーメントウォッシュ加工は施されていない

クラシックにこだわるユーザー向けというわけだ。

とは言え、別にどっちが偽物とかとかいう話ではないので、あくまでも購入の際の厚みと値段の参考までに抑えておいておこう。

それでは前置きが長くなったが、チャンピオンの基礎知識を抑えたところで、早速メンズたちから人気の高いスウェット(Amazon・楽天の売上を参考)をランキング形式で紹介していこう。

フォーレンジャー
是非とも参考にしてくれ!

1位:ベーシック/オックスフォードグレー

チェックポイント

  • リバースウィーブやメイドインUSAなどよりも、もっと手軽にChampionの魅力をめるBASIC(ベーシックス)シリーズ
  • Championのスウェットシリーズの中で最も手頃な値段設定のエントリーモデル
  • USカレッジ感が特徴のベーシックアイテム
  • タオルのような質感(パイル地)の裏毛を採用
  • 保温性に優れる毛布の様なの裏起毛に比べ、春秋などにも最適
  • 左胸と袖にCロゴを刺繍

2位:ベーシック/ネイビー

チェックポイント

  • フロントに大きく「Champion」ロゴをプリントしたクルーネックスウェットシャツ
  • プリントは染込みプリントを採用
  • ビンテージスウェットに多く、凹凸が無く発色がいいのが特徴
  • 着用していく内に色抜けし経年変化が楽しめる
  • 裏毛スウェットを使用しているのでタオルのような着心地

3位:ベーシック/ブラック

チェックポイント

  • チャンピオンスウェットのエントリーモデルBASIC(ベーシックス)
  • 手ごろな価格が魅力
  • USカレッジ感が特徴のベーシックアイテム
  • タオルのような質感(パイル地)の裏毛
  • 春秋のトップスにおすすめ
  • 左胸と袖にCロゴ刺繍

4位:ベーシック/ホワイト

チェックポイント

  • 裏毛スウェットを使用しているのでタオルのような着心地
  • 胸には大きくチャンピオンロゴをプリント
  • プリントは染込みプリントを採用
  • 凹凸が無く発色がいいのが特徴
  • 着用していく内に色抜けして経年変化が楽しめる

5位:リバースウィーブ/インディゴ

REVERSE WEAVE(リバースウィーブ)製法

  • 1938年にChampionが特許を取得し、キングオブスウェットと呼ばれる契機となった製法
  • 着丈の縮みを防ぐために生地の方向を横に逆転させ、脇にはリブを付けて動きやすさを追求した製法
  • 洗うと縮んでしまう欠点を解消

チェックポイント

  • 生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減
  • サイドリブが横縮み防止と動きやすさを実現
  • ガーメントウォッシュ加工と呼ばれる加工法でリアルな古着の表情を追求
  • ロープインディゴ染色したニュアンス豊かなプロダクト
  • 10ozの軽い着心地にアスレチックウェアとしての機能性
  • 肩接ぎなし

6位:リバースウィーブ/ミッドチャコールヘザー

チェックポイント

  • チャンピオン不朽の名作REVERSE WEAVE (リバースウィーブ)
  • 生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減
  • サイドリブが横縮み防止と動きやすさを実現
  • ガーメントウォッシュ加工でリアルな古着の表情を追求

7位:リバースウィーブ/インクブルー

チェックポイント

  • USコットンのドライタッチな感触や肌触りが最大の特徴
  • 無骨な男らしい肌触りにファンが多い米綿仕様胴周りを一枚の布で仕上げた丸胴仕様
  • 脇部分に縫製なし
  • 購入後の洗濯における縮みを軽減し、生地感にほどよい風合いを与えるガーメントウォッシュ加工を実施

8位:キャンパス/ブラック

CAMPUS(キャンパス)

Championらしいアメリカンカレッジテイストの明るいカラーリングとバリエーション豊富なデザインで構成された、より身近にヴィンテージ感を楽しむことができるシリーズ

チェックポイント

  • 洗うほどにタフになり、着込むほどに独特の風合い・味が出るリバースウィーブ11.5ozシリーズ
  • ネームタグには人気の高い70年代モデルの青単タグを使用
  • ボールウォッシュ加工
  • 左胸にはトレンドの胸ポケットを採用

9位:リバースウィーブ/ダークネイビー

チェックポイント

  • 1934年に誕生したChampion不朽の名作REVERSE WEAVE(リバースウィーブ)
  • 生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減
  • サイドリブが横縮み防止と動きやすさを実現
  • ガーメントウォッシュ加工でリアルな古着の表情を追求
  • 着込むほどに独特の風合い・味が出るリバースウィーブ11.5ozシリーズ
  • ネームタグには人気の高い70年代モデルの青単タグを使用

10位:キャンパス/ブラック

チェックポイント

  • 昔ながらのアメリカンキャンパスカジュアルが楽しめるCAMPUS(キャンパス)シリーズ
  • 総柄刺繍
  • ボールウォッシュ加工
  • フロッキープリント
  • 袖にチャンピオンのCロゴ刺繍

11位:リバースウィーブ/グレー

チェックポイント

  • 正規の「ダートマス大学」カレッジプリントをデザインした一着
  • 綿90%・ポリエステル10%の混紡率は保温性・耐久性に優れる
  • 洗いを重ねることで体に馴染む独特の風合いが特徴
  • タグには70年代に使用されていた通称「赤単タグ」を搭載
  • フロントには独特の雰囲気と高級感があり伸縮性に優れているラバープリントを採用
  • リバースウィーブ製法のため通常とは生地の縦横が逆
  • 特有のサイドリブを装備
  • 肩接ぎの縫製は無く肩はすっきり
  • USコットンのドライタッチな感触や肌触りが最大の特徴の一着
  • 12.5ozのヘビーウェイトな素材を使用
  • 購入後の洗濯における縮みを軽減し、生地感にほどよい風合いを与えるガーメントウォッシュ加工済み
  • 左袖にチャンピオンのCロゴが刺繍

12位:キャンパス/オックスフォードグレー

チェックポイント

  • ROCHESTERよりも手軽にビンテージを楽しめる人気のラインナップCAMPUS(旧トリコロール)シリーズ
  • フロントに染み込みプリント入り
  • 左袖におなじみのCロゴワッペンを刺繍
  • 袖口・裾リブの締め付け感は少なめ
  • ボディは裏毛仕様
  • 表面にほどよい起毛感をもたせたミディアムウェイトのスウェット地を使用
  • ソフトな肌触りで着心地も良好
  • ビンテージテイストの自然な色落ち感や風合いを表現するためのウォッシュ加工済み

13位:キャンパス/オフホワイト

チェックポイント

  • アメリカンカレッジテイストが楽しめるCAMPUS(キャンパス)シリーズ
  • ボールウォッシュ加工
  • 染込みプリント
  • 凹凸が無く発色がいい
  • 着用していく内に色抜けしてヴィンテージ感が楽しめる逸品

14位:リバースウィーブ/オートミール

チェックポイント

  • 70年代に人気を博した通称「青単」タグを仕様
  • 首周りは2本針でしっかりと縫製
  • フロントに染み込みプリント
  • 長めの袖・裾リブがメリハリのあるテイストに
  • 左袖におなじみのCロゴワッペン付
  • 身頃の生地を横向きに、サイドリブを縦向きにすることで双方向の縮みを軽減し動きやすさもプラス
  • コットン・ポリ混紡、裏起毛、11.5ozのスウェット地を使用
  • 肉厚ながらもソフトな風合いがあり着心地
  • ビンテージテイストの自然な色落ち感や風合いを表現するためのウォッシュ加工済み

15位:ロチェスター/ネイビー

チェックポイント

  • 米国製に拘ったリバースウィーブ・カレッジプリントスウェット
  • 正規の“UCLA”カレッジプリントを装備
  • 12.5ozのヘビーウェイトな素材を使用
  • 綿90%とポリエステル10%を混紡
  • 保温性・耐久性に優れる
  • 洗いを重ねることで体に馴染む独特の風合いに
  • タグには70年代に使用されていた通称「赤単タグ」を搭載
  • 左袖先にはチャンピオンロゴワッペン
  • フロントには独特の雰囲気と高級感があり伸縮性に優れているラバープリント採用
  • リバースウィーブ製法のため通常とは生地の縦横が逆
  • 特有のサイドリブを装備
  • 肩接ぎの縫製は無く肩はすっきり

16位:リバースウィーブ/ダークネイビー

チェックポイント

  • リブのラインがスポーティーな印象のスウェット
  • 着丈の縮みを防ぐリバースウィーブ製法採用
  • 洗うほどにタフになり、着込むほどに独特の風合い・味が出る11.5ozシリーズ
  • ネームタグには人気の高い70年代モデルの青単タグを使用
  • 裏には、起毛が施され保温性が向上

17位:リバースウィーブ/オフホワイト

チェックポイント

  • スウェットアイテムでは珍しいタートルネック仕様
  • 11.5ozの肉厚ボディに先染めストライプ柄をデザイン
  • リブ箇所は無地で切り替えられたメリハリのあるデザイン
  • 裏起毛素材を採用
  • ヴィンテージコレクターの間で人気の高い70年代モデルの青単タグを使用

18位:ロチェスター/オフホワイト

ROCHESTER(ロチェスター)

40年代-60年代を中心とした当時のアイテムを起源とするビンテージコレクション

チェックポイント

  • 色褪せたヴィンテージ加工を施した専用のCロゴが最大の特徴のRochesterシリーズ
  • フロッキープリント
  • 先染めボーダーリブ仕様
  • ガーメントウォッシュ加工済み

19位:ロチェスター/オックスフォードグレー

チェックポイント

  • 1940~1950年代モデルに多く見られるランナーズタグを採用したROCHESTER COLLECTION
  • 伸びにくくタフなバインダーネック仕様
  • フロントに染み込みプリント
  • 左袖口に付くCロゴワッペンはロチェスターを象徴するビンテージ加工
  • 長めのリブもビンテージテイストには欠かせないポイント
  • ラグランスリーブ仕様
  • ソフトな裏起毛を施したやや薄手のライトウェイト生地を採用
  • ビンテージの風合いを表現するためのウォッシュ加工済み

20位:リバースウィーブ/ケリーグリーン

チェックポイント

  • 鮮やかなケリーグリーンのリバースウィーブスウェット
  • 生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減
  • サイドリブが横縮み防止と動きやすさを実現
  • ガーメントウォッシュ加工、リアルな古着の表情を追求

 

以上がメンズから人気の高いチャンピオンのスウェットたちだ。

フォーレンジャー
今すぐチャンピオンのクラフトマンシップを身にまとい、ストリートに繰り出せ!
おすすめの記事