アディダス・パーカー20着!最新メンズ人気フーディーはコレだ!【2017】

やぁ、ファッション感度の高いメンズ諸君。
今日はオールシーズン活躍間違いなしパーカーたちを紹介しよう。

え?「パーカーが活躍するのは春と秋だけだろ!」だって?
甘い、甘すぎるぞ。

もちろんごく一般的なのパーカーはそうかもしれない。
夏に着るには暑すぎるし、冬に着るには薄すぎる。
着用出来るシーズンが絶妙に短いのがごく一般的なパーカーだ。

しかし、そんなパーカーの常識を覆してしまっているブランドがこの世には存在するのだ。
紹介しよう、パーカーのシーズン寿命の常識をものの見事にぶっ壊したスポーツブランド、その名も

adidas(アディダス)だ。

アディダスが展開するあらゆるスポーツウェア商品には、CLIMA TECHNOLOGY(クライマテクノロジー)と呼ばれる機能が搭載されており、あらゆる環境にも身体の温度変化などを対応させるように設計されているのだ。

春夏秋冬の四季はもとより、天候や朝・昼・夜の時間帯など、アスリートをとりまく外的環境は様々。人間は身体の中核温度を37℃に保とうとするが、運動によりアスリート自身の体温や発汗は刻々と変化。こうした状況においても、常に快適な衣服内環境を提供し、アスリートのパフォーマンスアップをサポートするのがクライマ テクノロジー。


引用:http://shop.adidas.jp/clima_technology/index.cgi

例えば5月や6月に、朝は涼しかったのに日中の気温が上昇してしまった、なんていうケース。
こういった場合でも「クライマチル」や「クライマクール」を採用しているパーカーであればクーリング機能により体感温度を下げることが出来る上、汗をかいても速乾機能により洋服を湿らせた状態にすることを回避することが出来る。

あるいは、10月~11月に日中から夜にかけて予想以上に気温が低下してしまっても「クライマヒート」「クライマウォーム」のパーカーなら衣類の中に暖かい空気を維持してくれる上に高い透湿性も発揮してくれるのだ。

つまり、クライマテクノロジーを備えたアディダスのパーカーは、通常であればパーカーで過ごすには少し厳しい気温であっても耐えうる機能性を備えているので、少しシーズンを長めにパーカーを着用して過ごすことが出来るのだ。
パーカーをこよなく愛するパーカーフリークのメンズ諸君にとってアディダスもってこいのブランドだと言えるだろう。

ということで今回は、そんなアディダスのユーティリティーなパーカーを、メンズたちから人気の高い順(Amazon、楽天の売上を参考)にランキング形式で紹介していこうと思う。
是非とも参考にしてくれよな。



1位:3FOIL HOODIE/ブルーバード

・アディダス2016FWモデル
・オリジナルスラインの象徴「トレフォイルロゴ」をフロントにデザイン
・保温性と肌触りに優れた中肉厚の裏起毛スエットを採用

2位:HERI FOIL HOODIE/ブラック×ゴールド

・トレフォイルフーディー日本限定モデル
・ブラックスウェットにメタリックゴールドのトレイフォルロゴをあしらったクールなパーカー
・フード周りにドローコード入り
・フロントにカンガルーポケットを完備

3位:ニットフリース ジップパーカー/ブラック

・定番ニットフリースシリーズのアップデートモデル
・表面はカジュアルなニット風の素材で、裏面はフリース素材を採用
レイヤリング・システム搭載

4位:Badge of Sports/ブラック

 

CLIMACHILL(クライマチル)
・高い吸水速乾通気性を実現したトレーニングウェアclimachill(クライマチル)
四つ山扁平構造をもつ特殊糸「SubZero yarn(サブゼロ ヤーン)」採用
 →肌と生地との接地面をより大きくすることで、素早くを生地面に吸水・放出
 →衣服内に汗が溜まりづらく衣服内を快適な状態に維持
 →体熱伝導性熱拡散機能を高め、ベンチレーション性能も向上

 

・2016秋冬モデル
・高い吸水速乾と通気性を実現したCLIMACHILL(クライマチル)パーカー
・フロントにはスポーツパフォーマンスロゴを大きくプリント

5位:ネオ(NEO)/起毛スウェットプルオーバー/コアヘザー

・カジュアルとスポーツテイストをミックスしたプルオーバースウェット
・フロントの大きなneoロゴがスポーティーな印象をプラス
・素材は変化のある特徴的なを使用
 →裏側が起毛なので肌触り良好
・身体の動きをサポートするCLIMA(クライマ)テクノロジー搭載

6位:SC ウインドパーカージャケット/ブラック

・フード裏の配色が特徴的な裏起毛ウインドブレーカー
・ブラックとネイビーのスポーティーなバイカラーデザイン
・レッドカラーであしらわれたアディダススポーツパフォーマンスロゴがアクセントに
・体の動きをサポートするレイヤリング・システム採用

7位:adidas24/7 ウインドパーカー/ブラック

・24時間、7日間着たくなるをコンセプトにした「adidas 24/7」レンジ
・センタージップを開けると、レンジ名でもある24/7をワーディングにデザインしたTWNTY 4SVN
CLIMA STORMを採用し、防風性透湿性に優れる
CLIMA LITEで優れた吸汗性透湿性速乾性で運動中の身体を快適でドライな状態に
・adidas ATHLETICSのマントラを左裾に配したデザインが特徴的
・サイクリストに必要不可欠なバックパックにも対応するキルティング素材を肩に配置
・襟の裏側には急な雨にも対応するフードを収納
・フードの形状を維持する新しいフード構造を採用
・裏地には心地よい肌触りの起毛トリコットを採用
・背面の裾は、サイクリストからインスパイアされたラウンド形状を採用
・身体の動きをサポートするレイヤリング システム採用

8位:ID スウェット フルジップパーカー/テックスティール

 

DELTA
・織物技術とニット技術の融合で生まれた新質感の高機能織物

 

・アーバナイズされたスポーツスタイルを提案するIDレンジ
・独特の質感ハリを持ち、着心地がソフトで体になじみやすい裏起毛のDELTAPEAKR素材を使用
・フードに配置されたダイアキルトとスムース素材が高級感を演出
・アイコニックなドロップショルダーカッティングを採用
・左袖にアディダススポーツパフォーマンスロゴを配置
・アスリートの体の動きをサポートするクライマテクノロジー採用

9位:Z.N.E. クライマヒート フーディー

 

CLIMA HEAT(クライマ・ヒート)
・ホローファイバー(中空糸)を使用し空気の層を作り出すことによって寒い外気から体を守り、いつまでも温かい状態を維持
・優れた透湿性で、寒冷な環境下での運動に最適な衣服内温度を維持

 

・2016FWフォーカスの「Z.N.E.」シリーズCLIMA HEAT(クライマ・ヒート)版フーディー
立体設計された袖部分が運動性を向上
・サイドポケットにはジップ付き
・サムホール付きのヒートガードを採用し、寒冷時にも対応

10位:BASIC裏毛スウェットジップパーカー/ブラック

 

・アディダス定番のロゴシリーズスウェットジップパーカー
・adhidasのブランドネームをフロントに大きくあしらったデザイン
・小物が収納できるサイドポケットを採用
・身体の動きをサポートするクライマテクノロジー採用

11位:カモ・ブラックバード/ブラック

 

・アディダスカジュアルライン「アディダスオリジナルス」のフーディー
・フロントにはカモフラデザインを施し重ねてトレフォイルロゴをプリント
・厚手すぎず、薄手すぎない程よい厚みの定番パーカー

12位:HM ウィンドジップパーカー/スカーレット

 

タフタ
・ポリエステル100%
・ハリとツヤのある加工された生地

 

・ハリとツヤのあるタフタを使用したウィンドジップパーカー
・1枚仕立てなのでコンパクトに収納可能
・カジュアルなカラーブロックと配色のジップとバインダーがポイント
・左胸には「adidas neo」のロゴを刺繍

13位:NBAスウェットプルオーバー/ブラック

 

・NBAスウェットプルオーバー
・吸汗速乾性に優れたクライマライトコットン使用
・スポーツからカジュアルまで着用を想定したライトスウェットにアップデート

14位:HM ライト パデッドパーカー/ブラック

 

軽量保温性の高いライトパデットジャケット
・上部はマットで柔らかなタフタ生地を採用
・下部はカジュアルな素材を使用
・テーラードジャケットのような立体的なパターンが特徴
・左胸にはレッドカラーの「adidas neo」ロゴがアクセントに
・フード裏地はレッドカラーで切り替え

15位:adidas24/7 中綿ウインドブレーカー/カレッジネイビー

 

CLIMA STORM(クライマ・ストーム)
・急な天候変化にも対応する高撥水商品
・蓮の葉の撥水機構を繊維から再現した次世代の高機能素材を採用

 

・「24時間、7日間着たくなる」をコンセプトにした「adidas 24/7」レンジ
・センタージップを開けると、レンジ名でもある24/7をワーディングにTWNTY 4SVNをデザイン
CLIMASTORM素材を採用し、防風性、透湿性に優れる中綿入りジャケット
adidas ATHLETICSマントラを両袖にデザイン
・裏地には心地よい肌触りの起毛トリコットを採用

16位:レイヤリング 撥水ウインドジャケット/ブラック

 

CLIMASTORM(クライマ・ストーム)機能を搭載
 →急な天候変化にも対応する高撥水トレーニングウインドジャケット
 →蓮の葉の撥水機構を繊維から再現した次世代の高機能素材を採用
・身体の捻転に負荷なく追従するよう設計
・裾の部分は、前後差を設けることにより動きやすさを追求しつつも、フィット感を向上させるテープ仕様

17位:クラブ ファンクション/ブラックメレンゲ

 

・MENS CLUBファンクションスウェットパーカー
・テニス独自のスイングの動きを考慮して腕を上げやすいカッティングを採用
・肩線に配した飾りステッチと配色ニットバインダーがアクセント
・吸汗速乾性に優れたClimaLite(クライマ・ライト)素材を使用。
・サイドポケットジッパー付き

18位:HM ポリエステル ウールジップパーカー/ブラック

 

・クラシックなウール調の素材をスポーティーにアレンジしたジップパーカー
・体の動きに合わせた立体的なカッティングを実施
・脇、裾の部分は、軽さを出すためにタフタを使用
・ボディにはカジュアルなデニム調プリントを採用

19位:BC 裏起毛スウェットジップパーカー/ブラック

 

・スポーツとファッションを融合させたアディダス「スポーツスタイル」のロゴをフロントにデザイン
・裏地は起毛になっており保温性バツグン
・カジュアルに適した着丈でシンプルなデザインが特徴

20位:ESSENTIALS ライトスウェットプルジップパーカー/ネイビー

・日本代表のオフピッチでも採用されている軽量でソフトなポリエステルフレンチテリー素材を採用
・袖にはアディダススポーツパフォーマンスロゴをデザイン
・湿気に強く、肌には優しいclimalite+を採用
 →コットンTシャツのような柔らかさと高い吸汗速乾機能をプラス

 

以上がメンズたちから人気の高いアディダスのパーカーたちだ。
是非ともアディダスのハイテクノロジーウェアを体感して頂きたい。
以上だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です